powered by 大人のレストランガイド

「調味塩」に新顔続々 ハーブやスパイスで味付け絶妙魅惑のソルトワールド(21)

塩にハーブやスパイスをブレンドしたものがシーズニングソルト
塩にハーブやスパイスをブレンドしたものがシーズニングソルト

最近、「シーズニングソルト」が熱い。盛り上がっている。塩にハーブやスパイスをブレンドした複合調味塩のことだ。

英語で書くと「seasoning salt」だ。「seasoning」の意味は「調味料」で、塩や砂糖、香辛料、薬味、ソース類などの味を付ける調味料全般を指す。「seasoning」は「season」に由来し、この語は「味をつける」という動詞としての意味もある。つまり、「味をつけてくれる(調味してくれる)塩」で、食品の品名分類では「調味塩」と表現される。

シーズニングソルトの原材料の多様さが結晶で見てもわかる

有名なところでは「クレイジーソルト」がある。米国産の岩塩にガーリックやオニオンなどの香味野菜と複数のハーブをブレンドしたものだ。1960年代に当時60歳だった女性が開発したこのシーズニングソルトはニクソン大統領夫人に認められ、ホワイトハウスに招待されたほどの一大ブームを巻き起こした。

日本に初めて紹介されたのは1980年。当時ハーブティーをメインに取り扱っていた日本緑茶センターが「ハーブつながり」で米企業から紹介を受けて、「クレイジーソルト」は日本に初上陸を果たした。「この1本だけで味が決まる」という使い勝手の良さと味わいが消費者に受け、瞬く間に日本各地に広がった。

一方の国内メーカー。エスビー食品やハウス食品といった大手食品メーカーから、「〇〇〇用」と個別メニュー向けのシーズニングソルトが発売されていたが、なかなか爆発的なヒットにはつながらなかった。

大きく市場が動き始めたのは2008年だ。エスビー食品が「マジックソルト」シリーズを発売し、大々的なプロモーション活動に取り組んだ。そしてハウス食品が2016年に「香りソルト」シリーズでテレビCMなどでアピールすると、2017年にはエスビー食品が「マジックソルト」シリーズでラインアップを拡充。さらに2018年にはキユーピーが「サラダソルト」シリーズを発売するなど、空前の盛り上がりを見せているといっても過言ではない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド