結果を出す人の朝習慣 黄金の30分を上手に生かす

日経ウーマン

「朝型シフト」で仕事ストレスがゼロに 朝型勤務を導入した伊藤忠商事で大成功!

朝8時前から仕事を始めた人に「残業代」を支給! 会社を挙げて「朝型勤務シフト」を導入し、業績アップなど目覚ましい成果を上げて注目を集めるのが伊藤忠商事。

伊藤忠商事は、2016年の3月期に大手5商社中、純利益でトップに立ち、その後も好業績を続けている。その原動力が、13年10月から導入された「朝型勤務制度」だ。

20時以降の残業は原則禁止とする一方、8時前に始業した社員には軽食を無料で配布し、深夜勤務と同様の「残業代」を支払うようにした。始業前に効率的に準備をし、9時からは顧客対応を徹底するというのが導入の理由だが、「朝、余裕を持って1日の段取りを立てる社員が増え、残業を大幅に削減。健康経営につながりました」と人事・総務部の高澤桃乃さん。「朝、社内勉強会に出席したり、アフター6に自己研鑽(けんさん)したり。個々がスキルアップの時間を持てるようになったのも、会社のプラスになっていると考えます」。

朝に懸案事項を解決することで仕事全体のスピード感がアップしました

伊藤忠商事金属カンパニー 金属経理室の長瀬咲さん(33歳)

世界各地で鉱山の開発や原料の商取引を行う「金属カンパニー」で経理を担当する長瀬咲さん。「海外とのやり取りが多く、残業もやむを得ないと思っていましたが、朝型勤務制度導入で時間の意識が高まりました。終業時間も強く意識し、残業がほとんどなくなりました」。

そんな長瀬さんの仕事のルールは、“先手を打つ”こと。「懸案事項を早めに解決し、時には仕事を依頼される前に自分から提案。すると、仕事が止まることなく、スムーズに進みます。“朝残業”でタスクの洗い出しと疑問の解決をすることで、先回りしながら仕事できます」。

■朝型シフトでこう変わった

昨年まで駐在していたロンドンでは、自分の業務以外はしないことを徹底し定時退社する現地スタッフに刺激を受けたが、「自分の業務以外にも手を挙げ、スキルアップできる日本の働き方も好き。朝の段取りで効率を上げ、やりがいを維持しつつ、定時退社を心がけています。プライベートの時間もしっかり確保できているので、仕事と家庭とを両立する自信がつきました」。
■お気に入りアイテムでストレスゼロ!
大好きなロンドンの香りでモチベーションUP
英国王室御用達の「H.R.ヒギンス」のコーヒーを丁寧に入れて、保温ポットに。大好きなロンドンの香りで、朝のやる気もアップ!
■早起きのストレスゼロ!
アプリを活用してスムーズに起床
「Sleep Cycle alarm clock」を利用。「睡眠状態を分析し、起きやすい時間にアラームを鳴らすアプリ。本当にスッキリ起きられます!」。

(ライター 高島三幸、写真 太田未来子=中川さん/小野さやか=石丸さん/鈴木愛子=小菅さん/小野さやか=長瀬さん)

[日経ウーマン 2018年8月号の記事を再構成]