N
Men's Fashion
こだわりの逸品

2018/9/17

こだわりの逸品

長谷川 そうですね。この前合わせが比較的狭いダブル(下)なんかはその好例。スタイルのハイブリッド化が進む今、こんなデザインバランスも興味深いですよね。多様なイメージを手頃な価格で形にできてしまうところも、オリジナルスーツの魅力かもしれません。

江利角 確かに、ボディにも丸みがあってすごくモダンな表情です。

長谷川 現代版の“スタイリッシュダブル”とでもいえる一着です。

末延 江利角さんは、全体を俯瞰して今季のスーツの作りや傾向など、どのようにお感じですか?

江利角 我々を含め、全体的にクラシックな方向に寄せていますね。着丈が短く細身な上着は減っていますし、パンツもプリーツ入りの股上深めで腰回りに余裕のあるシルエットのモノが増えています。

末延 お店ごとの作りや方向性の違いなどは、どんな所を見れば?

江利角 例えば、シップスとビームスは、同じリングヂャケット製ですが、身頃の長さを前後で調整し、シップスらしい米国トラッドに、ビームスはイタリア的な見栄えにと、お店のカラーに合わせて、スタイルを演出しているようです。さらに、ユナイテッドアローズのオリジナルスーツは、店舗によってそのエリアのオケージョンに合わせ生地を変えていると聞きました。

長谷川 消費者目線の細やかな気配り。目に見えぬこだわりの数々が。

江利角 店頭で試着してもらえば、実体験としてその豊かさが間違いなく伝わってくるはずです。

末延 そうですね。実際に袖を通してみないと分からない魅力がたくさん詰まっています。ショップのオリジナルスーツこそ、いわば“日本クオリティの玉手箱”いえる秀作揃いですね。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram