WOMAN SMART

マネー

雇用保険の教育訓練給付 育児で離職後も使いやすく いまさら聞けない大人のマネーレッスン

2018/9/12

雇用保険で資格取得の支援も(写真はイメージ=PIXTA)

 失業などで働けず、収入がなくなったとき、会社に勤めている人は、雇用保険から給付を受け取ることができます。雇用保険が俗に「失業保険」といわれるのもこのためです。しかし、雇用保険は失業した場合以外でも、育児休業中や介護休業中に給付を受けることができます。

 雇用保険には、就労を支援する給付もあります。たとえば、資格取得の際、対象講座を受講すれば、給付金が支給される可能性があります。

 正社員の人はもちろん、1週間におおむね20時間以上働いているパートやアルバイトの人も雇用保険の加入対象です。給与明細書を見てください。雇用保険に加入している人は、給料から「雇用保険料」が天引きされています。

 雇用保険を日常的に利用することはありません。雇用保険をはじめとする社会保険は、経済的に困った人を支援することが主な目的です(※1)。普段はそのメリットをなかなか感じにくいでしょう。そこで、2018年1月の改正を含め、改めて、雇用保険について理解を深めていただきたいと思います。

(※1)雇用保険から給付を受け取るためには、原則、雇用保険に1年以上加入している必要があります。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL