マネー研究所

投資道場

異文化体験が投資眼養う 「若者よ、世界を旅しよう」 金融先物の父、メラメド氏がメッセージ

2018/9/13

「金融先物の父」と呼ばれる米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ名誉会長のレオ・メラメド氏

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ名誉会長のレオ・メラメド氏(86)は9月上旬、日本経済新聞のインタビューに応じた。「金融先物の父」と呼ばれる同氏は自らの歩みを振り返りつつ、日本人、とりわけ若者に対して「もっと国際的に開かれた交流をしてほしい。投資でも同じこと」と提言した。

メラメド氏は農作物中心だったCMEを先端的な金融の先物取引所に発展させた人物。1940年、日本の外交官、杉原千畝氏の「命のビザ」でナチス・ドイツの迫害から逃れたユダヤ人のひとりで親日家として知られ、2017年の秋の叙勲で「旭日重光章」を受章した。

■個人、インデックス型投信に運用委ねよ

「株価の長期予測は役に立たない」と語るメラメド氏

――これからの世界株式市場の動きをどうみていますか。

「私は株価の長期予測は役に立たないと考えている。過去、トレーダーをしていた経験からも、10年後どうなるかの見通しは誰も十分な確証を持てないはずだ」

「ただし今、注目すべきなのは、世界の株式市場に強い影響を及ぼす米国の株価指数だ。過去20年の米国株価指数は上昇を続けている(ダウ工業株30種平均で3.4倍)。背景には米国経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)の強さがあるのだが、一本調子の上昇が続いており、(相場急落の)危険度は高まっている。この間の日経平均株価の上昇は限定的(1.6倍)で危険度は少し低い。ただし『米国が風邪をひけば世界が肺炎になる』というほど、米国経済の影響は大きく、日本株を含めた影響は大きい」

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL