出世ナビ

バブル入社組の憂鬱

バブル入社組の役職定年後 氷河期世代と協調できる? バブル入社組の強みと弱み(7)

2018/9/11

 1点目の「自律性」については、就職環境がたいへん厳しかったことや、その時期に自分の父親世代が長年尽くしてきた会社をリストラされるような状況を目にして、企業への不信感を持つに至ったことが影響している。

 また、厳しい就職環境下、第1志望や第2志望の会社に入社できなかったことも関係している。実力以上の会社に入れたバブル入社組の愛社精神が強く、会社に依存する傾向が強いのと逆である。上位方針に納得がいかない場合でも、「理不尽かもしれないが、会社のためになんとか頑張ろう」というような、バブル入社組の愛社精神に基づくような行為には、氷河期世代は否定的である。

 また、高度成長期からバブル期に続くような右肩上がりの好景気を経験していないので、多少景気が良くなっても楽観できず、いつまた厳しい環境になるかわからないと考える。常にそうした危機感を持ち慎重で、計画的に着実に物事を進めようとする。バブル崩壊後の経済低迷期に社会人としてのスタートを切っているので、若い頃から堅実な仕事の仕方が身についているのだ。

 そのようなスタイルで、計画的かつ着実に進めようとするのを、過大な成果を目指したり、新たなことにチャレンジするなど、バブル入社組の根拠のない楽観論によって荒らされるのが一番我慢ならない。

 また、計画的に進めたい氷河期世代は根拠を求めたがる。確実に達成できる目標を置いて着実に進めたいのだ。バブル入社組は「根拠なき自信」ゆえ、また見栄を張りたがる性質も手伝い、なにかと大風呂敷を広げたがるので、こうした軋轢が特に生じがちだ。

 氷河期世代は会社でも優秀であると言われる。就職環境が厳しかったので、大学でもバブル入社組とは違いしっかり勉強をし、就職活動も覚悟を持って行ってきた。それでも望むような就職はできなかった。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL