マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

行動起こせば家計は変わる お金のイベントで熱い談議 ライフ&マネーFesta 2018

2018/9/14

投資初心者から上級者までの老若男女が訪れ、盛況だったイベント(8月25日、東京・六本木)

日本最大級のお金のイベント「ライフ&マネーFesta 2018」(日経BP社主催)が8月25日、東京・六本木で開催された。投資初心者から上級者までの老若男女という幅広い層が対象で、「人生100年時代に必要なお金の知識が1日で学べる」とあって一部の講演では立ち見が出るほどの盛況だった。どんな内容だったのか、数多い講演メニューの中から6本をリポートする。

■「本気で遊べば仕事が広がる」コシノジュンコさん

コシノジュンコさんは仕事と人生を楽しむ秘訣を語った

まずはファッションデザイナー、コシノジュンコさんの基調講演。1960年代からのファッションシーンや手掛けたショーを映像や写真で振り返りながら、仕事と人生を楽しむ秘訣について語ってくれた。

コシノさんが東京・青山に初めてブティックを構えたのは66年。人気絶頂だったタイガースの沢田研二さんの衣装を手掛ける様子を撮影した写真を投影しながら、「音楽とファッションが一体化した時代のど真ん中にいた」と振り返った。

また、ミュージシャンのムッシュかまやつさん、作詞家のZUZUこと安井かずみさんらと連日ディスコで交流した当時を振り返り、「昔は人が集まるところに文化があった。おしゃれをして出かけると、すごくかっこいい人と出会える。それが後の仕事につながった」とコメント。「本気で遊ぶこと」によって仕事が広がってきたと話した。

ほかにもアサヒビールの名物経営者だった樋口広太郎さんとの親交から学んだ彼の決断の速さ、歌舞伎役者の四代目中村雀右衛門さんの意外なちゃめっ気と「おもてなしの精神」などのエピソードも披露された。コシノさんによれば、おもてなしには「思ってもみなかったことを成し遂げる」という意味もあるそうだ。

講演の最後には、いつも心に留めているという「カキクケコ」を披露。「カは常に感謝の気持ちを持つこと。キはいつも希望をもって。クはくよくよしないで、ケは絶対に健康でいること。そして、思ったらすぐ行動する(コ)ことが大事です」と締めくくった。

■「誰の投資法も全員正解」井村俊哉さん

左から桂さん、小森さん、井村さん。爆笑もまじえながら熱い株談議が繰り広げられた

もう一つの基調講演の講師は、現役の噺家(はなしか)で世界初の株式落語・相続漫談などを手掛ける桂茶がまさん、年収2万円(!)のお笑い芸人を卒業して億万投資家になった井村俊哉さん、株主優待が好きで100以上の優待銘柄を持つ個人投資家の小森美紀さんの3人。

それぞれの株との出合いから人生の節目と株がどう関わっていたか、投資手法の違いや成功・失敗談、10倍株(テンバガー)をつかむにはどうすればいいか、来年の相場予想と注目銘柄まで、爆笑もまじえながら熱い株談議が繰り広げられた。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL