出世ナビ

ニューススクール

「場を与えれば人は必ず育つ」 花王社長の人材育成論 花王の沢田道隆社長×一橋大学大学院の伊藤邦雄特任教授

2018/9/12

伊藤:先ほど、リーダーを育てるには場を与えることが大事だとの話だった。ただ、全員に場を与えられるわけではない。伸びそうだと思う人材のポテンシャルを見極めるには、どこに着眼しているのか。

■まず熱い思いを持っているかどうかを見る

「人は育てるのでなく、場を与えることで自ら育つ」と説く

沢田:難しい質問だ。まず、熱い思いを持っているかどうか。若い頃は、ちょっと行き過ぎくらいでちょうどいい。本当にリーダーに向いているかどうかはわからないが、「一度やらせてみようか」と思わせる人は、そういう雰囲気を持っている。実際にやらせてみると、半分くらいはうまくいかないが(笑)。

 ただ、一度やってみることは本人にとって非常に勉強になる。そして、一度ダメだったからといって決め付けはしない。サボったり手を抜いたりする人はいけないが、そうでなければ二度三度とチャンスを与える。今の能力より少し上の仕事をやらせてみる。

伊藤:社長からみて「こいつはやらせてみたい」と思う人材と、人材開発部門から推薦してくる人材とは大体、一致するものだろうか。社長が全社員の人となりを把握することは現実的には難しいと思うが。

沢田:「現場ラウンドテーブル」と称して、国内外の拠点を訪れ、多くのメンバーと意見交換をしてきた。もう3周ほど回った。もちろん、現地で選んでくるメンバーは、それなりに優秀な人材だと思うが、意見交換するなかでポテンシャルの感じ方が異なる。人財開発部門からの推薦とは必ずしも一致しない。また、代表取締役の3人が月1回集まり、次期経営者人材についての情報を共有している。役付き役員が出席する会議でも人材登用の話は必ず出る。だから人財開発部門からの情報だけで人事を決めることは少ない。また、議論する際は「この人はダメだ」という話でなく、がんばっている人にチャンスを与える話をするようにしている。

伊藤:最後に、花王は最近、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する社長直轄の専門組織を設置した。経営者人材の育成と、ESG経営の推進をどう結び付けているか。

沢田:花王はモノづくり企業として「社会に役立つ」ことを目的に掲げている。これはまさにESGそのものだ。これまではE(環境)とS(社会)に焦点が当たっていたが、この2つを実現するためにはG(ガバナンス)が重要だと社内で強調している。

 ESG部門のトップには、欧米スキンケア・ヘアケア事業部長だった米国人のデイブ・マンツ氏を任命した。社長直轄部署のトップに外国人を起用するのは、花王としては画期的なことだ。また部門のメンバーも社内から優秀な人材を集め、研究・開発から生産、販売まで全事業部門のESG対応を促進する。コストから投資というスタンスで進め、長期的な企業価値向上を目指す「攻めのESG」をグローバルに展開するなかで、経営者人材の育成につながればと考えている。

沢田道隆
 1981年大阪大大学院修了、花王石鹸(現花王)入社。2006年研究開発部門副統括、執行役員。08年取締役。12年6月から現職。大阪府出身。

(村上憲一)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

転職する前に知っておきたい
あなたの「エグゼクティブ力」を5分で診断

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL