リアル店舗で情報検索 新世代ディスプレー展示の狙い

単に商品を展示するだけではなく顧客が自分で情報を検索できるディスプレーが増えている(撮影 吉村永)
単に商品を展示するだけではなく顧客が自分で情報を検索できるディスプレーが増えている(撮影 吉村永)

腕時計とワイングラス、それぞれ高級嗜好品を扱う2つのブランドが、銀座にオープンした販売店に新型のディスプレーを導入した。実際に使用して感じたのは、インターネットで買い物をするのが当たり前になった時代ならではのアプローチだった。

単に実物を展示するだけではない

スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」が2018年4月、銀座中央通りにオープンした「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」。この店内に設置されているのが、同社が世界で初めて導入したというディスプレー「iTAG(アイタグ)」だ。

「タグ・ホイヤー」の銀座店に設置されているディスプレー「iTAG」(撮影 吉村永)

ディスプレーごとに「MEN」「LADIES」「CONNECTED WATCH」などテーマがつけられ、実物の時計と、タッチパネル式の画面が設置されている。利用者がタッチパネルから自分の見たい時計を選ぶと、時計が設置されている部分が回転し、選んだ時計の実物が現れる。

「ショーケースの上からガラス越しに見るだけでは難しかった細部のデザインを確認したり、自分の腕を横に置いてつけたときの感じをイメージしたりするなど、実際に触れて時計選びを自由に楽しんでいただけるようになっています」(タグ・ホイヤー広報担当)

iTAGは時計のショーケース販売を手掛けるスイスのXavier Dietlin社とタグ・ホイヤー社が共同開発したオリジナル。スイスで毎年開催される世界的な時計の展示会「バーゼルフェア」で18年3月に公開された。銀座に続きニューヨークの店舗に導入され、今後ロンドンにオープン予定の店舗でも導入される予定だという。

ワイングラスのトップメーカー、オーストリアの「リーデル」も、18年4月、国内12店舗めとなる銀座店をオープンした。この店舗にも同社の店舗で初めて導入したディスプレーがある。

MONO TRENDY連載記事一覧