多彩な秋冬トレンド ウエスタンやレトロモダンも注目宮田理江のファッション戦略論

トレンド2「アメリカンウエスタン」

CINOH 2018-19年秋冬コレクション CINOH(チノ)

米国の先住民族を思わせるフォークロア(民俗調)風の装いや、西部開拓時代のようなウエスタンルックが盛り上がりそうだ。カウボーイ風ポンチョ、ブランケット(毛布)型アウターなど、体の輪郭を隠す羽織物が朗らかなシルエットを描き出す。

CINOH 2018-19年秋冬コレクション CINOH(チノ)

ウエスタンはシャツやブーツなどでも提案されている。アメリカンフォークロアやボヘミアン、カウボーイの雰囲気はフリンジや、飾り袖、レースアップ(ひも編み)などのディテールにも漂う。

CINOH 2018-19年秋冬コレクション CINOH(チノ)

アウトドアやスポーティーのテイストをミックスする演出もウエスタンに交じり合う。パーカやブルゾンにもアメリカンフォークロアの薫りが重なる。タフでマニッシュなムードに、程よくフェミニンを混ぜ込むさじ加減がこなれ感を引き出す。

CINOH 2018-19年秋冬コレクション CINOH(チノ)

トレンド3「レトロモダン&テック」

TARO HORIUCHI 2018-19年秋冬コレクション TARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)

レトロと未来という異なる時代をまたぐような装いが新たなムードを連れてくる。この秋冬に勢いづきそうなのは、ノスタルジーとテクノロジー感を響き合わせたようなテイストだ。じゅうたん風の質感や、古風な柄、懐かしげなシルエットなどが適度にクラシックな雰囲気を醸し出す。

TARO HORIUCHI 2018-19年秋冬コレクション TARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)
TARO HORIUCHI 2018-19年秋冬コレクション TARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)

一方、テクノロジーを印象づけるのは、メタリックな素材感や、ケミカルな風合い。ネオンカラーやビニール系材質なども近未来のムードを漂わせる。

TARO HORIUCHI 2018-19年秋冬コレクション TARO HORIUCHI(タロウ ホリウチ)

レトロとフューチャーを別々に取り入れることも可能だが、両方を同居させると、さらに風情に奥行きが増す。さらにそこに現代的なモダンさもプラス。異素材のミックスも装いに起伏をもたらす。アシンメトリー(左右非対称)なフォルムや、ギミックなディテール、マルチウェイの可変タイプなどはテック感を宿している。

注目記事
次のページ
トレンド4「インディペンデント」