くらし&ハウス

モノ・フラッシュ

手軽でおしゃれ 1~3万円台のコードレスクリーナー

2018/9/13

1万円台から3万円台までの予算で買えるコードレススティッククリーナーを紹介する

 コードを挿す手間がなく、サッと掃除ができるコードレススティッククリーナー。これまでは「吸引力が高いものは値段も高い」というのが常識だったが、最近は低価格帯でも吸引力、デザイン性を兼ね備えたモデルも続々登場している。1万円台から3万円台までの予算で買える、注目の4台を紹介しよう。

■インテリアになじむミニマルなデザイン/ツインバード工業

ツインバード工業のコードレススティッククリーナー「TC-E261S」。充電時間約3時間で、標準モードで約30分、強モードで約7分連続運転できる。実勢価格3万2000円程度(実勢価格は9月上旬に家電量販店のネットショップで確認。以下同)

 まず紹介するのは、2018年5月にツインバード工業が発売したコードレススティック型クリーナー「TC-E261S」。重量1.5kgと軽量で取り回しやすく、ゴミ捨ての際にホコリが舞わない紙パック式を採用するなど、ストレスなく自然に使えることを目指した。また、出しっぱなしにして、いつでも手軽に使えるよう、インテリアになじむシンプルなデザインにこだわっている。

 ヘッドに回転ジョイントとボールキャスターを搭載したことで、左右180度になめらかに動き、隙間やベッド、ソファの下もスムーズに掃除が可能。パワーブラシがラグやカーペットのゴミもかき出して吸い込む。自立はしないが、取っ手部分にゴムが装着してあるため、壁などに立てかけられる。

ヘッドが左右180度回るため、入り組んだ場所の掃除はもちろん、家具と家具の間など、狭い場所にも入りやすい
紙パック式はワンステップでゴミが捨てられ、ホコリが舞ったり、手が汚れたりする煩わしさがない。紙パックは1カ月に1回交換目安で、12枚が付属

■掃除機かけながらモップでホコリ取り/アイリスオーヤマ

静電モップが付属し、掃除の効率を高めたアイリスオーヤマ「極細スティッククリーナー KIC-SLDCP5」。直販価格2万6784円

 18年6月にアイリスオーヤマから登場した「極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5」も、重量1.4kgと軽量な紙パック式コードレススティッククリーナー。従来比約3倍の吸引力と、独自開発した自走式「サイクロンパワーヘッド」が高い掃除能力を実現する。またホコリの量に合わせて吸引力を自動調整する「ほこり感知センサー」も備える。

くらし&ハウス

ALL CHANNEL