どう選ぶ? 休日バッグ 素材や色を変えて買い足すこの秋欲しい靴&鞄(5)

MEN’S EX

2018/9/11

■旬のミニバッグはレザー素材なら大人の休日スタイルにもマッチする

【ミニショルダー】

「このサイズ&質感がニットやジャージーといった、ヌケ感のあるジャケットと好バランスです」(四方さん)ジャケット6万6000円/ラルディーニ(ストラスブルゴ) カットソー1万4000円(3Pパック)/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ) パンツ3万9000円/ベルナール ザンス(シップス 銀座店) 靴11万5000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン青山店)

14. トゥモローランド、15. タズネ、16. ポーター

スクエアフォルム×レザーの組み合わせなら、手軽なサイズでも小綺麗な印象に。派手色もカジュアルになり過ぎない。「よりドレッシーに見せるなら、ポケット数が少ないシンプルデザインの方がいいですね」(内田)。14:縦19×横20×マチ15.5cm。2万8000円(トゥモローランド) 15:縦23×横23.5×マチ6.5cm。1万5000円(HEMT PR) 16:縦24×横18×マチ3cm。11月発売予定。2万9000円(吉田)

【巾着】

「ジャケットよりも、カーディガンやニットなど、リラックス感のあるコーデと相性抜群です」(四方さん)。カーディガン3万5000円/パニカーレ、パンツ3万8000円/ストーンアイランド(以上トヨダトレーディング プレスルーム) カットソー1万4000円(3Pパック)/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ) スカーフ1万6000円/ピエール=ルイ・マシア(ラ ガゼッタ 1987 青山店) メガネ2万8000円/モスコット(モスコット トウキョウ) 靴3万円/イル モカシーノ(シップス 銀座店)

17. マッシモ、18. アルフィ・ダグラス、19. イルミーチョ

身の回り品を収納するのに、ちょうど良い大きさ。品をキープするなら素材はレザーが鉄則。「口を絞るだけのイージーさが、休日のリラックスコーデにぴったりです。円筒形などもあり、クラッチバッグよりも休日のヌケ感が楽しめますよ」(安岡さん)。17:縦25×径14cm。2万2000円(フィロロッソ) 18:縦24×径15cm。2万7000円(ヴァルカナイズ・ロンドン) 19:縦22×横12×マチ7cm。5万円(トレメッツォ)

【サコッシュ】

「細いストラップと薄マチは、クルーネックのニットなど、スポーティかつシンプルな装いに合います」(四方さん)。ニット2万8000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) カットソー2万3000円/クルチアーニ(ストラスブルゴ) パンツ3万6000円/インコテックス(シップス 銀座店) 靴1万4000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループお客様窓口)

20. シセイ、21. エルゴポック、22. ダニエル&ボブ

薄くコンパクトなサコッシュは、収納性こそ低いが、アクセサリー感覚で持てる手軽さが魅力。「ミニショルダーよりも、シンプルで華奢なサコッシュ。自転車鞄が出自ですが、レザーならエレガントに見せられます」(安岡さん)。20:縦17×横26cm。3万3000円(バーニーズ ニューヨーク) 21:縦16.5×横25.5×マチ3cm。1万6000円(キヨモト NC事業部) 22:縦19×横24×マチ3cm。4万4000円(八木通商)

※表示価格は税抜きです。

撮影/若林武志、武蔵俊介 スタイリング/森岡 弘(GLOVE)、四方章敬、宮崎 司(CODE) 文/吉田 巌(十万馬力) 安岡将文

=この項おわり

[MEN’S EX 2018年9月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰する。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Fashion Flash
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram