大人はやっぱり白スニーカー 安心安全の永世定番この秋欲しい靴&鞄(4)

MEN’S EX

2018/9/10

■ローテクの白スニは何にでも合う休日靴の決定版

ジャケット5万円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) カットソー1万5000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム) デニム3万円/リーバイス(R) ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) メガネ3万3000円/アイヴァン(アイヴァン PR)

03. ナイジェル・ケーボン

ミリタリーに想を得た、ベーシックなハイカットキャンバス。「スラックスではハズし感が強すぎるので、デニムパンツとのジャケパンが正解です」(四方さん)。1万9000円(アウターリミッツ)

04. コンバース

ヒールステイにロゴテープを配置。メッシュのライナーで軽快さが増した。「意外と、足元がすっきりとまとまるのがハイカットのよさですね」(安岡さん)。6500円(コンバースインフォメーションセンター)

05. サントーニ

スムースレザーとスエードのコンビ使い。厚底ソールも相まって、シンプルな白一色でも存在感あり。「テーパードや9分丈パンツには、これぐらいのボリュームがバランス良し」(安岡さん)。7万2000円(リエート)

06. アディダス

コート系スニーカーの王道スタンスミス。ワントーンロゴを配したヒールパッチが、より大人顔に。「これを買っておけば間違いなし! トレンドに左右されない1足」(内田)。1万4000円(アディダスグループお客様窓口)

「スラックス×白スニなら、色落ちGジャンもクリーンな大人顔に」(四方さん)。Gジャン1万4000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン) ニット2万7000円/パニカーレ(トヨダトレーディング プレスルーム) カットソー1万6000円/アスペジ(ラ ガゼッタ 1987 青山店) パンツ2万7000円/セラードアー(ストラスブルゴ)

07. バーニーズ ニューヨーク

ステッチワークを控え、ミニマルを追求した1足。「アッパーも内張もより上質感を求めた、ワンランク上のコート系ですね」(四方さん)。2万9000円(バーニーズ ニューヨーク)

※表示価格は税抜きです。

撮影/若林武志、武蔵俊介 スタイリング/森岡 弘(GLOVE)、四方章敬、宮崎 司(CODE) 文/吉田 巌(十万馬力) 安岡将文

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年9月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
GIFT SPECIAL 2020
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram