「謝り上手は仕事上手」 転職重ね磨いた対話力マニュライフ生命保険 吉住公一郎社長兼CEO

マニュライフ生命保険の吉住公一郎社長兼CEO
マニュライフ生命保険の吉住公一郎社長兼CEO

カナダ系のマニュライフ生命保険の社長兼CEO(最高経営責任者)に2018年4月、吉住公一郎氏(56)が就任した。1999年に前身の第百生命から営業権を譲り受けて同社が発足して以来、初の日本人社長だ。新卒で都市銀行に入行後、外資系3社を渡り歩いた末にトップまで上りつめた。異なる環境でどう成果を出してきたのか、コミュニケーションの秘訣は何か。転職で成功する働き方の極意を聞いた。

前向きにならないと成功はない

「チャンスと思ったら、GOだ」。吉住氏は転職のたびに、自分をこう奮い立たせてきたと語る。新しい世界に飛び込むのは誰でも勇気がいる。決断が吉と出るか、凶と出るかは誰にもわからない。「確かなのは前向きにならないと成功しないこと」。何事もポジティブに考えることで、困難を乗り越えてきた。

1985年、当時の埼玉銀行(現りそな銀行・埼玉りそな銀行)に入行。父も叔父も銀行員で、幼い頃から親しみがあった。「お札の匂いかどうかわからないが、父のスーツについてくる銀行の匂いが好きだった」という。入行してからは海外派遣の希望を出し続けたが、支店で営業回りの日々。ちょうどバブル景気真っ盛りの頃で、不動産やリゾート開発への融資業務に追われ、将来への展望が見えない。

そんなとき、外資系のアイ・エヌ・エイ生命保険が社員を募集していることを知る。生保は顧客への直接営業が主流だったが、同社は税理士や公認会計士など新しい代理店網の拡大で伸びているといい、興味がわいた。「何よりも、外資系に行けば海外で働くチャンスが増えるだろうと考えた」。面接で社長に聞くと、「もちろん、行けるよ」との返事。29歳で1回目の転職を決める。

だが、現実は甘くない。人事部に社長の言葉を確かめると、「それは支社支店で優秀な成績を取れば、という話。外資系の会社なのに、海外勤務の店舗があるわけないだろう」。自分の無知ぶりにあきれたが後の祭り。とはいえ、しょげている暇はなかった。大阪支社に配属されて間もなく、かなり上の上司から「営業成績で勝負しよう」と持ちかけられたのだ。

「今から思うと、都銀から来た若造を試してやろうと考えたのだろう」。銀行時代は営業にそれなりの自信があったが、結果は惨敗。これで負けん気に火が付いた。保険ビジネスで業績を上げるには優良な代理店と組むしかないと考え、支社長に「自分に担当させてほしい」と直訴。それが認められ、土日も昼夜もなく働いた。徐々にコツをつかみ、年々実績を重ねていった。