エスカレーター、なぜ両側立ちは普及しないのか?編集委員 小林明

駅などのエスカレーターでは「片側空け」が浸透している(JR東京駅)
駅などのエスカレーターでは「片側空け」が浸透している(JR東京駅)

エスカレーターの片側に利用者が立ち、もう反対側は急ぐ人のために空けておく「片側空け」。地域によって右に立つか、左に立つかの違いはあるが、今では国内はもとより海外でも普及している習慣になっている。だが鉄道会社や日本エレベーター協会などは危険防止の観点から「歩行禁止」を呼び掛けているのをご存じだろうか。歩行禁止を徹底するため、エスカレーターの片側を追い越し用としては使用しない「両側立ち」を一つの理想に想定している。ところが、この両側立ちは認知度がまだ低く、実際には片側空けの習慣が崩れていないのが現実だ。

なぜ両側立ちがなかなか普及しないのか? エスカレーターのスムーズな利用法はどれがいいのか? 「渋滞学」の視点から専門家に読み解いてもらった。

片側を使わないと渋滞の原因に

「渋滞学」の権威で東京大学・先端科学技術研究センター教授の西成活裕さん

片側空けの大きな問題の一つはエスカレーターの輸送量が下がってしまうこと。「特にエスカレーターの片側を誰も使わずに空けておいたままにしておくと、渋滞が起きやすくなる」。渋滞学の権威で東京大学・先端科学技術研究センター教授の西成活裕さんはこう弊害を指摘する。

流量(ある地点を単位時間当たりに通過する人数)の計算から考えてみよう。

2人用の場合、エスカレーターのステップの寸法は、幅が約120センチ、奥行きが約40センチ、1段の高さ(蹴上げ)が約21センチ。通常は前の人になるべく接触しないように1段空けてエスカレーターに乗ることが多い。なぜなら空間にそれほど余裕がなく、前後の利用者で互いに体が接近するのをためらう傾向があるためだ。さらに利用者が大きな荷物を持っていると、物理的にどうしても1段空けないと乗りにくい事情もある。

エスカレーターの運行速度は毎秒50センチ前後。もし利用者が片側だけに立ち、もう一方の片側はまったく利用せず、通常のように1段空けて乗った場合、エスカレーターの輸送量は毎秒0.625人になる。西成さんによると「平地での群集の最大流量は毎秒1.4人」なので、混雑時にはエスカレーターの乗り口に最大で毎秒1.4人のペースで押し寄せてくる群集に対して、輸送量がまったく追いつかない計算になる。

群集の最大流量は毎秒1.4人、追いつかない輸送量

無理をして1段も空けない状態に詰めても、輸送量はその倍の毎秒1.25人。平地での群集の最大流量の毎秒1.4人をなお下回ったままだ。いずれにしても、片側を使わないと混雑時には渋滞が起きやすいという理屈になる。

では、なぜエスカレーターの片側がガラガラになりやすいのか?

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
両側立ちの効用、西成教授の改善策とは?
エンタメ!連載記事一覧