こだわりの逸品

素材に滲む品格 「楽で美しい」最先端の上質スーツ

MEN’S EX

2018/9/12

MEN'S EX

着ていてラクであることは昨今のファッションにおける正義だが、それで品格や美しさを損なってしまえば、悪になる。手にすべきは、上質な着楽服。最先端のそれは、驚くほどの美しさに満ちている。




【 新境地 1 】超転写技術が実現した旬柄なのに着心地◎の贅沢

ヘタすりゃプリントと気付かれないほどリアル

着楽な反面、風合いや柄の表現といった点でウールのそれに敵わないのは、機能系のストレッチ素材を用いたジャケットの宿命。しかしチルコロ 1901は、超絶技巧の転写プリントによってそれを克服。今季はツイーディなチェック柄にして、伸縮性抜群のジャケットを完成させた。旬のテイストと抜群の快適性、双方をご堪能あれ。

■CIRCOLO 1901 “転写”が生む豊かな表情

実際にある柄模様を、別の生地へ移植するようにプリントする表現技法が、“転写”。「チルコロ 1901」の転写技術はとりわけ高く、表現が緻密だ。

ポリウレタンを混紡した伸縮性抜群のコットンフリース生地に、ツイーディなチェック柄を転写プリント。本物のツイードと見まごう豊かなニュアンスは、圧巻だ。 7万2000円/チルコロ1901(トヨダトレーディング プレスルーム)

ヴィンテージ調のチェックがプリントされたダブルジャケットは、ソフトな着心地にして堂々たる存在感。ポロシャツ2万4000円/ルトロワ(八木通商) スカーフ1万7000円/バグッタ(トレメッツォ) デニム2万3000円/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク)

こう見えて肌触りはなめらか!

見た目は野趣に溢れるツイードだがタッチはなめらか。アンコン仕立ても相まり、重厚な見た目ながら、着心地も軽快。 6万8000円/チルコロ1901(トヨダトレーディング プレスルーム)

【 新境地 2 】伊・名門の矜持が生んだ“パッカブル”でも美しいスーツ

シルエットにも、素材の表情にも品格が滲む

出張や旅に活躍する、パッカブル仕様のスーツ。昨今は様々なブランドがこれを展開するが、伊の名門ブランドの製品となると、やはりひと味違う。耐シワ性やストレッチ性といった各種快適機能を備えながらも品がよく、シルエットも当然のように美しいのだ。おまけに、収納袋までスタイリッシュだから驚く。

■LARDINI(1)

機能性に特化したアイテムが充実する“イージーウェア”ラインより。素材はウールベースの混紡生地で、撥水性や通気性、伸縮性などを備えながらシックな表情を湛える。 13万6000円/ラルディーニ(ラルディーニ東京)

■SANTANIELLO(2)

ナポリの南、サレルノ発の名門によるこちらは、素材にポリエステル、ウール、ポリウレタン混紡のしなやかな伸縮生地を使用。軽やかなフィット感が楽しめる。 7万9000円/サンタニエッロ(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

■L.B.M. 1911(3)

目の粗い、古きよき趣薫るウールジャージーを採用。ダークなグレンチェック柄にはさりげなく赤のオーバーペーンが走り、表情に奥行きを与えている。 12万円/エルビーエム1911(トヨダトレーディング プレスルーム)

Latest