N
Men's Fashion
こだわりの逸品

2018/9/12

こだわりの逸品

【 新境地 4 】ガマン不要な蓄熱スーツでいつでも涼しい顔

温かい=厚手の図式はもはや過去のもの!?

スーツの温かさと軽さはトレードオフ。このジレンマを解決する最良手段はずばり、蓄熱裏地の活用だ。例えば写真右のスーツには、赤外線を熱に変換する特殊なポリエステル裏地が用いられ、これが温度の上昇を促進。左のジャケットには調温機能を備える裏地が用いられ、服内を快適な温度に保つ。これら軽くて温かいスーツを着れば、いつだって“涼しい顔”をしていられるだろう。

(左)シャツ2万4000円/サルヴァトーレ ピッコロ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) チーフ6800円/エレディ キャリーニ(ビームス ハウス 丸の内) (右)豊かな表情も持ち味だ。シャツ1万3000円、タイ1万2000円/以上マッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

■TEATORA(左) 調温機能を備える「アウトラスト」

そもそもはNASAのために開発された調温素材を裏地に使用。寒いときは温かく、暑いときは涼しくと、快適な温度をキープしてくれる。

タブレットなど多彩な小物が仕舞える多機能セットアップ。ウールベースの伸縮生地を用いた、ドレス対応モデルだ。 ジャケット7万8000円、パンツ4万2000円/テアトラ(テアトラ)

■AZABU TAILOR(右) 赤外線を吸収する「フィールサーモ」

赤外線を吸収して熱へ変換するポリマーを練り込んだ、特殊なポリエステル生地を裏地に使用。タッチがなめらかで、風合いにも優れる。

“ライトコンフォート”シリーズより、ほのかな起毛感が心地よい、伊製のしなやかなウール地を用いた一着。 8万8000円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

【 新境地 5 】撥水撥油タイでランチがこんなに楽になるとは(驚)

これなら汁モノも安心して食べられる!

ラーメンやソバなど、汁モノのランチはビジネスマンの装いにとって危険がいっぱい。でももし、タイやシャツが汚れにくいものだったら……安心なことこのうえナシ! というわけで最先端の超撥水加工を施したこちらが役に立つ。高い撥水性を付与した結果、油汚れにも強く、それでいて素材本来の風合いを損なっていないのには驚くばかりだ。

■N.18 風合いを犠牲にせず撥水性を付与する凄テク

革新的な加工技術を駆使した製品で知られるブランドより、シルク地に超撥水加工を施したタイ。高島屋限定。 各1万3000円〈9月末入荷予定〉/エヌワンエイト(新宿高島屋6階 紳士雑貨売場)

超撥水シャツもアリ

鳥足のボタン付けなど本格ディテールを備えながらも、超撥水。通気性も◎だ。高島屋限定。 1万3000円〈9月末入荷予定〉/エヌワンエイト(新宿高島屋6階 紳士雑貨売場)

※表示価格は税抜きです。

撮影/筒井義昭、若林武志、小澤達也、武蔵俊介、久保田彩子 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/吉村 健(AVGVST) 文/吉田 巌(十万馬力)、磯村真介(100miler)、間中美希子、秦 大輔

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年9月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram