「なかったことにしたい」ファイルは専用のソフトで自動消去する。「僕が死んだら…」は、デスクトップ上の「遺言」を開くと、指定したファイルが消去される。一定期間アクセスがないと自動消去する「死後の世界」も有効だが、入院時などに消去されないよう注意が必要だ。

上記URL のウェブサイトからダウンロードし、インストール。起動していざというときの設定をしておこう
上記URLのウェブサイトで「Download 」→「ユーティリティ」→「死後の世界」とクリック。実際のダウンロードはベクターのサイトから行う

遺品のロック解除で困ったら

一方、遺族として遺品のパソコンのパスワードをどうしても解除するときは、パスワードのレベルをしっかりと考えておきたい。例えばウィンドウズのログインパスワードがわからない場合なら、ある程度パソコンの知識があれば、ハードディスクを外して、ほかのパソコンに接続すればデータは読める。

身内だけでは太刀打ちできない場合は、専門の業者に依頼する必要がある。

ハードディスクのデータ復旧サービスなどを手掛ける「アドバンスデザイン」では、通常のデータ復旧サービスと同様に受け付けている。ただし故人のデータを悪用しようとする第三者の可能性もあるので、申し込み内容を詳細に調査するという。

デジタル遺品の処理に力を入れている会社もある。「デジタルデータソリューション」では、「写真が欲しい」「仕事のファイルがない」といった遺族の要望に対応して、デジタル機器を解析し、希望するデータを探してくれる。機器や状況によって成功率は変わるので、まずは無料診断から始めるとよいだろう。

デジタル遺品相続トラブル
 デジタル遺品 ファイルのパスワードが家族混乱招く
 デジタル遺品はネット投資に注意 放置で損失拡大も

(ライター 鈴木眞里子)

[日経PC21 2018年10月号掲載記事を再構成]