出世ナビ

仕事スタイル自由自在

エクセル達人ユーチューバー 世の残業減らす使命感 ユースフル社長 長内孝平氏

2018/8/29

大手商社を辞めて起業したユースフルの長内孝平社長

動画サイト「ユーチューブ」に自分の特技や芸の動画を投稿し、多くの視聴者を集めるユーチューバー。長内孝平氏(27)は表計算ソフト「エクセル」の使い方を解説する動画「おさとエクセル」で多くの視聴者を獲得するユーチューバーだ。勤めていた大手商社を7月末に退社し、ユーチューブを使った企業研修やビジネス系動画制作を手掛けるYouseful(ユースフル、青森県板柳町)を立ち上げた。「就職もユーチューバーも夢を実現する手段です」と言い切る元商社マンの自由な仕事スタイルに迫った。

■エクセルの達人、外国人にも頼られる

「明日の商談の資料でこんな感じのグラフを作りたいんだけど」

商社時代、長内さんは朝出社してエクセルに関する相談メールに応じるのが日課だった。マクロ(エクセル計算を自動化できるプログラム)の構築もできるエクセルの達人として社内で知れ渡っていた。

デスクには2つのモニター画面を置き、1つはマクロのコーディング(プログラミング言語でソースコードを作成すること)専用の画面としていた。経理部だったので社内から集まるグループ会社の決算情報を集計するのはもちろんのこと、営業からの依頼で市況情報を毎日自動で更新するプログラムを作成するなど、エクセルの高度な機能を駆使して業務の効率化に貢献していた。

そのスキルを生かし、長内さんには商社マンとは別にもう一つの顔があった。動画でエクセルの使い方を解説するユーチューバーだ。活動を始めたのは就職する前、まだ神戸大学経営学部の学生だった頃だ。

きっかけは米ワシントン大への留学時代。物流企業でインターンをしていたとき、会計部門に配属された。大学で企業財務を専攻していたためエクセルは得意だったが、実務ではより高度な作業をする必要があった。「せっかくだったらエクセルを究めよう」と、エクセル学習コンテンツを探して必死に勉強した。

「英語のエクセル教材が色々あったのですが、一番勉強しやすかったのが動画でした。色々と買いあさって10万円ぐらい使ってしまい……。留学生って貧乏なので、食事もサンドイッチ1個を3食に分けて食べるみたいな生活をしていました(笑)」

作業を効率化し、米国人の社員から「You were a big asset to the company(君は会社にとって大きな財産だった)」と感謝されたことは長内さんにとって大きな自信となった。「無料で学べる動画があったらより多くの人の役に立つかもしれない」。帰国後、就活や卒論が終わった2014年12月から動画づくりを開始。卒業までに30本制作してユーチューブに公開した。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL