2018/8/24

24日に開かれた内覧会で香取さんに店を立ち上げた経緯や商品に対する思いを聞いた。

香取さんのファッションの師匠、祐真朋樹さん(右)と

――ここにしかないものを作り、売る。ユニークですね。

「気付いたらこうなりました(笑)。祐さん(祐真さん)と洋服を一緒に作ろう、ブランドを作ろうと話していたんです。最初はセレクトショップも考えましたが、他の店と同じものを置くなら面白くないでしょ。もっと違う形はないかなと周りに声をかけたら、一緒にやってくれるブランドがちょっとずつ増えていきました。すべてのブランドとコラボする『PPP(パーマネント・ポップアップ・ショップ)』と位置づけています」

――コートは5~6回パターン修正したそうですね。

「サンヨーコートでは、倉庫で生地選びから始め、青森の工場にも行きました。裏地に僕の絵を使おうと進めていったんですが、だんだん表地にもしたくなっちゃった。それで、レディースでは表はカラー、裏はモノクロでリバーシブルにしたんです。この店ができたのは祐さんがいたから。もう25年の付き合いで、僕のファッションの師匠です」

店内には香取さんのペインティングが飾ってある

――内装や映像も斬新です。

「アートやオブジェはCMで仕事をご一緒した美術さんがやってくれました。流れているムービーは映画でご一緒した監督さんによるもの。ショップを作るのは初めてなのですが、これまでの仕事と重なる部分がたくさんあります。とにかく、自分たちが来て、楽しい場所を作れたらな、と。場所選びにかなり迷いましたが、とても満足しています」

(編集委員 松本和佳)

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram