WOMAN SMART

オトナのスキルアップ入門

職場の困った上司&部下 上手に味方につけるワザ

日経ウーマン

2018/8/31

■タイプ2【仕事をしない上司】人に仕事を押しつけて自分は暇そう……

面倒な業務はすべて部下に丸投げするタイプは、権力主義者で上の目ばかりを気にしている。部下は自分が上から評価されるための「駒」。人望がないのが特徴。

人に仕事を押しつけて自分は暇そうな上司(画像はイメージ=PIXTA)

【読者の体験談】

「なんでも人に丸投げし、全く仕事をしないので困っています。『自分でやってください』と言ったら、無視されるように……」(45歳・通信・ウェブ関連)

【うまく付き合うコツ】期待しないと割り切り、頼れるところは上手に頼る

「仕事をしない人」だと割り切り、期待しないのが一番。仕事を振られすぎるときは、自分のスケジュールを伝え、断ることも必要。上司の得意分野の案件なら、「これ、お願いできますか?」と頼ってみて。引き受けてくれたら、多少大げさに感謝しよう。

【これで味方に!】
・「イラッ」としても態度に出さない
・頼りにしていることを伝え、仕事を上手に依頼
・やってもらったことは、1.5倍盛りで感謝する

■タイプ3【気分にムラがある上司】機嫌の良し悪しで態度が変わる

感情が気分に左右されやすく、言っていることがコロコロと変わりやすい。機嫌がいいときはお調子者でいい人だが、機嫌が悪いとイライラオーラ全開になる。

【読者の体験談】

「感情の起伏が激しく、パワハラ気味の女性上司。そのせいで新入社員がすぐに辞めてしまい、常に人手不足……」(37歳・医療・管理栄養士)

【うまく付き合うコツ】気分で発言や行動が変わるが、相手の態度に振り回されないで

機嫌が悪そうなときは、できるだけ関わらないのが鉄則。「イライラしていても相手の問題なので振り回されないで」。気分で言うことが変わるので、打ち合わせ後は簡単な議事録で話した内容を記録&共有し、「言った言わない」のトラブルを回避しよう。

【これで味方に!】
・コミュニケーションは機嫌のいいときに
・指示や約束事は文書で残してシェア
・キレられたら、相手の問題と割り切る

■タイプ4【優柔不断な上司】決めてくれないから動けない!

自分に自信がない、人に嫌われたくないなどの理由から、決断を先延ばしにしがち。「ちょっと待って。やっぱり上にもう一度相談してから……」が常套句。

【読者の体験談】

「職場の男性上司は何も決めず、指示も出さず、いざというとき逃げる。最低です……」(36歳・通信・営業)

【うまく付き合うコツ】すべては自信のなさの表れ。判断材料を用意するのがいい

あらかじめ選択肢を2つ程度に絞っておき、判断材料を多めに用意してから相談を。「私は○○の理由からAがいいと思いますが、課長はどう思われますか」という聞き方だと、相手も判断しやすくなる。

【これで味方に!】
・日ごろから感謝を伝え、自信を持ってもらう
・決断を仰ぐときは、説得力のある理由を用意
・「○日までに」と決断の期限を伝える

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
婚活でやってはいけないこと 高学歴女子が陥りがち
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
日経ARIA
東川町に単身移住。不安、不便、不足だらけでも毎日
日経doors
『サードドア』著者バナヤン氏(下) 不安と友達に
ALL CHANNEL