快作ホンダN-VAN N-BOXの代わりにはなりません

日経トレンディネット

リアシートは圧倒的に狭く、スライド&リクライニングもゼロ。助手席も床下に折り畳む想定でやはりシートスライドはゼロ

一目瞭然なのは助手席&リア席。特にリアは圧倒的に狭いうえに、作りが薄くてクッションはペッチャンコ。軽4ナンバーは貨物車なため、リア席を荷室より広くしてはいけないという決まりもあり、絶対的に狭いうえ、座り心地は長時間乗ると痔(じ)になりそうだし、スライド&リクライニングもゼロ。シートのバックレストはヘッドレストを付けても小沢の頭まで届きません。ハッキリ言ってエマージェンシー用です。

助手席もリア席よりはだいぶマシですが、明らかに床下に折り畳むことを想定され、小ぶりでこちらもシートスライドはゼロ。

運転席のシートのみ、「N-BOX]のシートフレームを採用
助手席側スライドドアはピラー代わりの骨格がドア側に入ってるため開閉時に重さを感じる

ズバリ、マトモに長距離座れるのは運転席のみで、実際コチラはN-BOXのシートフレームを採用。それにしても耐久性重視で表皮の柔らかさ、快適さはN-BOXに負けてます。

細かいところですが、話題のピラーレス構造のため、助手席側スライドドアはピラー代わりの骨格がドア側に入っていて開閉重し。これまたN-BOX並みの使い勝手を求めていたらちと驚くでしょう。

スタイル…欠点を除けば今までの軽商用とは違う世界が

商用らしさを保ちながらデザインはN-BOX譲り。左は「N-VAN +STYLE FUN」(ボディーカラーは専用色のプレミアムイエロー・パールII)、右は「N-VAN G」(ボディーカラーはタフタホワイトII)

とはいえこれらを除いたら、確かにいままでの軽商用バンにはない世界が広がります。

順番に言うとまずたたずまいがいい。確かに商用らしく、今後全体の7割を占めるといわれるガチ実用の「G」「L」グレードは、ヘッドライト類にLEDは一切使われておらず、リアコンビの一部に使われているのみ。グリル&バンパーにせよ装飾は極力省かれ、そっけないことこのうえなし。タイヤホイールももちろんスチールホイール+樹脂カバー。

「N-VAN」のグレード「G」「L」「+STYLE FUN」「+STYLE FUN・ターボ」のFF車は全長×全幅×全高が3395×1475×1945mm(4WD車は全高が1960mm)
「+STYLE COOL」(写真のボディーカラーは専用色のプレミアムベルベットパープル・パール)は全高を1850mm(FF車/4WD車は1865mm)に抑えてある

とはいえ全体フォルムは、今や国民車レベルで売れているN-BOXのまごうことなき兄弟車で、サイドに流れるそっけない3本線のリブもソリッドでカッコいい。

加えて一般ユーザーに対処した「+STYLE FUN」や「+STYLE COOL」はほどよくグリルにメッキが入ってたり、LEDヘッドライトも選べたりと結構オシャレ。「+STYLE COOL」に限っては全高を1.8m台に抑えてあって確かに商用車っぽさが省かれてます。

確かにモノの積みやすさ、広さはすごい

そして肝心のモノの積みやすさがすごい。前述の通り、助手席&リア席はヘッドレストを外せばほぼワンタッチでフルフラット化。前後スライド調整の必要もなく、一瞬で折りたためるうえ、床が低く、ゴム系の素材で覆われているため、心置きなく物を載せられる。

助手席&リア席はヘッドレストを外せばほぼワンタッチでフルフラット化
助手席を畳むとホンダが言うとおり通常サイズのダンボールが最大で71個置ける

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
従来の軽バンとは安定感が違う走り
MONO TRENDY連載記事一覧