MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

避難時の長距離歩行も安心 「防災対応シューズ」6選

2018/8/29

最初の一足には、履きやすさとスタイルのバランスが取れた「ポストマンシューズ」がお薦めだ。ピカピカに磨き上げて足になじませ、長く使いたい。

■アウトドアシューズにタウンユースの要素を足した防水シューズ

ダナーのトラムライン917はビムラムソールを採用し、ゴアテックスを使用した防水アウトドアブーツだ。ダナーの伝統的なアウトドアシューズのスタイルとクッション性があり、濡れた路面でも滑りにくいソールを組み合わせ、街履きからトレッキングまで幅広く対応したモデル。

ダナー トラムライン917 ブラック(税抜き2万2000円)

Dリングのシューホールは、アウトドアらしさを感じさせるが、バックスキンの風合いがあるチャッカブーツのようなスタイルは、ビジネスカジュアルならマッチするほか、フォーマルなドレスコードでなければスーツにも合わせられるだろう。

元々都市部も意識したトレッキングシューズなので、都市部での災害時にその真価を発揮する。地震などでガラスの破片やがれきなどのある道を歩いても、靴やソールがアウトドア仕様なので一定の保護が得られるだけでなく、上下水道があふれ、路面が濡れていても滑りにくい。また、水害などで冠水してしまっていても、ゴアテックスによって防水性が保たれるので足を快適な状態に保つことができる。

■クッション性の高いソールが長時間の歩行をサポート

災害時、特に大地震などを想定すると、被害の中心地で避難をするイメージが先行するが、東日本大震災の首都圏のように、建物などがほぼ無事であっても公共交通機関などがマヒして徒歩で帰宅しなくてはならない、という事態の方が多い場合もある。商談やパーティーなど、フォーマルさが求められるとき以外は、素材や色がビジネスウエアから浮かないスポーティーなシューズを履くことで、万一の際に歩いて帰宅するという事態にも足への負担を軽くできるだろう。

ニューバランス 247v2(税抜き9000円)

オリジナルモデルの247は、24時間7日間の日々のライフスタイルシーンを快適にサポートするというコンセプトで人気を博したニューバランスのスタンダードモデル。そんな247がリニューアルして登場。ボリューム感のあるミッドソールを採用したことで、クッション性と快適性を実現したモデルになった。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL