マネー研究所

日経TRENDY 特集セレクト

LINE Payカード 高還元率はスマホ決済・送金しだい

日経トレンディ

2018/8/31

写真はイメージ=PIXTA
日経トレンディ

 2%という高い還元率で人気を集めていた「LINE Payカード」。ところが2018年6月から還元率が0~2%の変動制になり、しかもその判定基準が公表されないことが判明。ユーザーの間に衝撃が走った。

 ただ8月から内容が微修正され、還元率が決まる基準も公開。決済金額だけでは還元率は上がらず、LINEユーザー間での送金サービスの利用がカギを握ることになる。8月からの還元率は、月間の決済額1万円未満は0.5%、月1万円以上かつ月1人に送金で0.8%、月5万円以上かつ月3人に送金で1%、最高の2%還元にするには月10万円以上かつ月5人への送金が必要になる。

 これに加えて8月から1年間の予定で、スマートフォン(スマホ)でのコード決済に限って、還元率が3%上乗せされる。磁気カードによる決済ではなく、スマホアプリを使った決済や送金に誘導したい――。そんなLINEの狙いがよくわかる制度改定だ。

「LINE Payカード」はポイント優遇のあるコード決済を優先。カード決済はKyashで2%超を狙う

 とはいえ、スマホでのコード決済が使える店は限られている。ここでLINE Payカードに代わる候補が、「Kyash Visaカード」だ。やはりスマホアプリでの決済・送金サービスを手がけるKyashが6月に発行を始めたプリペイドカードで、2%キャッシュバックをぶち上げた。しかもLINE Payとは異なり、クレジットカードやデビットカード(いずれもVisa、Mastercardブランドのみ)からのチャージにも対応。カードのポイントと決済でのキャッシュバックの“2重取り”が狙える。

 決済金額は1日に3万円まで、月に12万円までと上限があり、2%還元も永続的なものとは考えにくい。とはいえ、当面の乗り換え先としては最善の選択肢といえる。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL