正統派のブラック×ホワイト フォーマルな腕時計6選はじめての高級腕時計(中)

GOETHE

2018/8/21
GOETHE

現代の腕時計は、実用品ではない。何かしらの意図を持って選ぶ“アクセサリー”となったからこそ、 腕元の小さな腕時計には、その人のセンスや個性が強く表れる。着こなしの自由が広がるなかで、今でもある程度のドレスコードを意識するのは冠婚葬祭の時くらいだろう。特に30代ともなれば“婚”すなわち結婚式への参加が増えるはず。そんな時、何を選び、どうつければいいのか。そう、予想以上に自分の袖元は人から見られているのだ。

「はじめての高級時計」記事一覧
(上)ここぞのプレゼンで身に着けたい「勝負腕時計」6選
(下)時差が気になる国際派におすすめ 旅に連れ添う腕時計




Q 冠婚葬祭でつけていくのは?

ブラックスーツ\180,000(トゥモローランド ピルグリム)、シャツ\43,000(ハンドレッドハンズ)、タイ\25,000(トゥモローランド)、チーフ\10,000(キンロック)、タイバー\11,000(ルイ ファグラン/すべてトゥモローランド TEL 0120-983-522)、 ベルト\12,000(フリーマンズ スポーティング クラブ-トウキョウ TEL 03-6805-0490)

A 折り目正しい正統派のブラック×ホワイト

■JAEGER - LECOULTRE/マスター・ウルトラスリム・デイト

結婚式の際には、折り目正しい正統派の“ブラックレザーストラップ×明るめのシルバーも含めたホワイト系文字盤”という組み合わせが効く。名門ジャガー・ルクルトのシンプルウォッチはミニマルで上品。この時計があるだけで、手元に知的な雰囲気が漂う。それでいてシースルーバックからは自社製Cal.899/1を鑑賞可能。いろいろと楽しめる時計だ。

自動巻き、SSケース、径40mm。\810,000(ジャガー・ルクルト TEL 0120-79-1833)

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019