工藤のフルートと山宮のハープ モーツァルト協奏

日本を代表するフルート奏者の工藤重典氏と、新進気鋭のハープ奏者の山宮るり子さんがこの夏共演した。曲はモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」。両楽器とも活躍する曲はありそうであまりない。フルートとハープの相性や持ち味についてベテランと若手が語り合った。

「フルートとハープは相性がいい」と工藤氏は主張する。しかしこの2つの楽器を組み合わせた曲は「はっきり言ってほとんどない」と話す。そこでモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299」の出番となる。「モーツァルトほどの大作曲家がよくぞ書き残してくれた。我々にとっては全くもって宝なんですよ」。そんな貴重な協奏曲を弾く機会が訪れた。

珍しい楽器の組み合わせによる有名な協奏曲

7月5日、東京オペラシティ(東京・新宿)のリハーサル室。三ツ橋敬子さんの指揮する東京フィルハーモニー交響楽団と工藤氏、山宮さんが集まった。翌6日の東京オペラシティコンサートホールでの本公演「平日の午後のコンサート。」に向けたリハーサルだ。オーケストラが奏でるハ長調の明るい調べに乗って、フルートが優美なメロディーを吹き、ハープがみやびやかなアルペジオ(分散和音)を弾いていく。2つの楽器の音色が溶け合い、軽やかで柔らかい響きが生まれる。

「クラシック音楽をあまり知らない人でもどこかで聴いたことのある曲」と山宮さんは言う。ハープ奏者には、フルートとの組み合わせどころか「ハープのために書かれた曲自体が少ない」との認識があるようだ。このため「みんなが知っている曲をハープで弾けるという醍醐味がこの協奏曲にはある。実際、初めて弾けたときにはとてもうれしかった」と山宮さんは振り返る。

珍しい楽器の組み合わせによる優雅で幸福感に満ちた音楽はどんな経緯から生まれたのだろうか。1778年3~9月、22歳だったモーツァルトは就職活動のためパリに暮らし、4月にこの曲を書いた。パリでの稼ぎは良くなかったといわれ、7月には一緒にいた母を亡くすなど、幸せな滞在だったとは言い難いようだ。こうした中でモーツァルトに「フルートとハープのための協奏曲」の作曲を依頼したのはド・ギーヌ公爵という外交官を務めたフランス貴族だった。

注目記事
今こそ始める学び特集