シャツ・スーツ… 上質さを数字が示す逸品たち

MEN’S EX

MEN'S EX

肌触り、着心地、汎用性、長い歴史etc. “上質”の様々な側面を、数字を切り口にご紹介。クオリティを一目瞭然に示すスペックから、あなたに最適な上質の形を発見してほしい。




■BRIONI/ブリオーニのドレスシャツ

超極細の300双コットンポプリン

イタリア最高峰のスーツを作るブリオーニは、シャツも超弩級だ。こちらの素材は、なんと300双(300番手の綿糸を2本撚りにした糸)で織り上げたポプリン。おさらいすると、番手とは綿糸の太さを表す単位で、数が増えるほど細い糸であることを示す。一般的な”本格シャツ”に使われているのは80双~120双が中心だ。それらの約3倍も繊細なこの生地は、輝くような光沢と羽衣のようなドレープをもつ。肌触りも、まるでシルクのような滑らかさだ。皮膚に直接触れるシャツだからこそ、この繊細さを文字通り肌で感じられるはず。ベーシックにして最上質。これぞ究極の白無地シャツだ。12万9000円(ブリオーニ ジャパン)

ステッチワークもこの上なく繊細

300双ポプリンの繊細さを最大限引き立てる、精緻なステッチもブリオーニならでは。ソフトかつ非常に端整な、洗練された仕立てだ。

■UNITED ARROWS/ユナイテッドアローズの10マンスファブリックスーツ

一年のうち10ヶ月活躍する汎用力

昨今、ビジネススーツの需要として高まっているのがシーズンレスに着られる汎用性。そんな中、ユナイテッドアローズがヴィターレ・バルベリス・カノニコに別注して作ったのが「10マンスファブリック」だ。太番手のウールを3本撚りにした糸からなるこの生地は、適度なウェイトがありつつサラリとドライ。残暑の時期から秋、冬、春、初夏まで対応する着心地とルックスに設定されているのだ。年間通してこれさえあればOKな、とても頼れる一着だ。8万2000円(ユナイテッドアローズ 原宿本店)

シャツ2万8000円/エリコ フォルミコラ、タイ1万5000円/ニッキー(以上ザ ソブリンハウス) 時計54万円/グランドセイコー(セイコーウオッチ お客様相談室) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)

仕立てにも通年着用の工夫が

秋~初夏までの着用を意識して裏地なしの仕立てに。生地に適度なウェイトがあるため冬も寒々しく見えず、暖かい時季は通気性を確保。

■MACKINTOSH LONDON/マッキントッシュ ロンドンの「ギャバジン330」製コート

普通のギャバより約2.5倍の耐水性

マッキントッシュ ロンドン渾身の独自素材が「ギャバジン330」だ。そもそもギャバジンは、糸を高密度に打ち込むことで天然素材の布に耐水性をもたせたもの。だがこの「330」は、通常の約2.5倍もの耐水性を誇る。理由は糸の密度にあり。通常のギャバジンは1平方インチ(6.45平方センチメートル)に縦横約260本の糸を打ち込むところ、当作は330本もの糸を打っているのだ。繊細な超長綿を使用しているため、しなやかなタッチで美しい光沢も湛える。機能と美観を両立した秀作だ。12万6000円(SANYO SHOKAI)

着脱可能なライニング付き

マッキントッシュ ロンドンのハウスチェックをあしらったウールライニングは着脱可能。秋から春先まで登板できるのが嬉しい。

■CONVERSE/コンバースの「オールスター ライト OX」

あの定番が約1/2の重さに

スニーカー界の絶対的スタンダードが、大幅な軽量化を実現! ローカットの場合、既存の「オールスター OX」が両足840g(8インチの場合)なのに対し、こちらは460g(※個体差あり)。半分近い軽量化に成功している。秘密はミッド&アウトソールにあり、これを従来のラバーからインジェクションE.V.A.(軽量でクッション性に優れた樹脂の一種)に変更したことが大きな要因だ。慣れ親しんだルックスだが、履き心地は断然軽快に。コンサバ派にはありがたい進化だ。6500円(コンバースインフォメーションセンター)

インソールで履き心地さらにUP

足を包み込むような形状のカップインソールもE.V.A.製。これによりフィット性もいっそう向上し、さらなる快適な履き心地を叶えた。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019