ママたちの管理職昇進 打診受け入れて良かった理由は

日経DUAL

管理職になることに対して積極的なママが6割以上に(写真はイメージ=PIXTA)
管理職になることに対して積極的なママが6割以上に(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

これまでは「ママで管理職」というと「スーパーママ」のイメージがありました。でも、これからはいわゆる「普通のママ」でも管理職になる可能性があります。

日経DUALで実施した読者アンケートでは、管理職になることに対して積極的なママが6割強いることが分かりました。ママ管理職の昇進打診を受けて良かった理由・後悔した理由もアンケートから浮かび上がってきました。

「出産して以降、管理職昇進を打診されたことがある」38.8%

「出産して以降、管理職昇進を打診されたことがあるか?」という質問に対して、「はい」と答えた方が38.8%、「いいえ」が61.2%となりました。つまり、約4割のママが、管理職昇進を打診されたことがある、というのが実態のようです。

「打診された役職」を尋ねたところ、「係長職(グループリーダー)」(49.1%)と「課長職(マネジャー)」(47.4%)が多く、「部長職」が3.5%、「役員以上」はいませんでした。部長職以上を打診されるケースはまだまだ少ないようです。

さて、その「管理職昇進の打診」に対して、回答者の皆さんはどのように反応したのでしょうか?

管理職昇進の打診を「受け入れた」6割強

 「受け入れた」のは56.1%と、過半数がポジティブな反応を示しています。「1度以上断った末に受け入れた」人も5.3%、「断った」人も36.8%いました。1度以上断ったが受け入れたという人を含めると、合計6割強が管理職昇進を受け入れ、断った人は4割未満だったことが分かります。