使えば簡単QRコード決済 機種変も楽、課題は店舗数佐野正弘のモバイル最前線

NTTドコモが2018年4月より、QRコードを活用した「d払い」の提供を開始するなど、QRコード決済に参入する企業は相次いでいる
NTTドコモが2018年4月より、QRコードを活用した「d払い」の提供を開始するなど、QRコード決済に参入する企業は相次いでいる

QRコードを使ったスマートフォン(スマホ)向けの決済サービスが話題を呼んでいる。楽天の「楽天ペイ」、NTTドコモの「d払い」、LINEの「LINE Pay」のサービスが始まった。ソフトバンクとヤフーも合弁会社「PayPay」で秋にQRコード決済を提供する予定であり、KDDIも2018年度内の参入を予定しているという。

そこで、QRコード決済はどうやって利用するのか、利用することでどのようなメリットがあるのか、これまでのおサイフケータイや「Apple Pay」を使った決済サービスと比べてどうなのか、既に利用可能なQRコード決済サービスについて、その使い方とメリットなどについて説明していこう。

スマホさえあれば利用できる決済手段

QRコード決済サービスを利用する上で必要なのは、基本的にはスマホだけである。QRコード決済に用いるアプリさえ動作すれば、基本的にはどのスマホでも利用できる。対応するスマホでないと利用できないおサイフケータイと大きく異なるところだ。海外製やSIMフリーなど、おサイフケータイ対応が進んでいないスマホでも利用できるのは大きなメリットだ。

実際に利用するには、専用アプリをスマホにインストールした後、楽天ペイであれば楽天会員ID、d払いであれば「dポイント」などの利用に必要な「dアカウント」でログインし、支払い方法の登録など必要な手続きをすればよい。LINE PayはLINEのアプリから直接利用できるのでLINEユーザーであればアプリのインストールは不要だが、最初は利用開始の手続きが必要だ。

なお、QRコード決済で利用できる支払い方法はサービスによって異なる。楽天ペイはクレジットカードのみだが、d払いはクレジットカードのほか、NTTドコモの携帯電話を契約している人なら電話料金と一緒に支払える「電話料金合算払い」が利用可能だ。ただし現状ではどちらのサービスも国際ブランドがVISAとマスターカード以外のカードは利用できない(楽天ペイは「楽天カード」に限り全ての国際ブランドで利用可能)。

MONO TRENDY連載記事一覧