驚きの仕掛け満載 130年前の美しいからくり星座盤

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

1887年に教材として制作された地理教材「ヤギーの地理学習」。金具を外すと驚きの仕掛けが!(COURTESY DAVID RUMSEY MAP COLLECTION)

今から130年ほど前の米国に、とても凝った学校向け教材があった。「ヤギーの地理学習」というこの教材は、金具を外すと下から絵が出てきたり、背面から光を当てると地球の昼と夜がわかったり、仕掛けが豊富だ。教材の中から、1887年に制作されたとは思えない美しい星座盤を中心に写真で紹介しよう。

「ヤギーの地理学習」(Yaggy's Geographical Study)を制作したのは、米国シカゴで出版社を営んでいたリーバイ・ウォルター・ヤギー氏だ。ヤギーは元発明家という経歴を持ち、地図に関係するいくつかの特許も持っていた。この教材は布を貼った木製の箱に入っており、星図のほかにも世界の気候帯や人々を描いた地図も収録されている。

19世紀の子どもたちは、このカラフルな星座盤を見て天文学に夢中になっただろう。鮮やかな図、隠されたパネルやスライド機能、照明効果まで駆使されており、地球がどこにあって星々がどのように並んでいるのかを、わかりやすく説明できるようになっている。

地図の歴史に詳しい米サザンメーン大学のマシュー・エドニー氏は、「これを開けるときは、宝箱を開けるときのような特別な気持ちになります」と話す。

エドニー氏によると、当時の教室でよく使われていたのは壁掛け式の地図で、ヤギーの地理学習のように複合的な教材は珍しかった。その一例が、裏面に組み込まれた紙製の米国立体地図だ。山脈などのおおまかな地形が描かれている。

右下の留め具を外してパネルを開くと、地球が現れる。図をスライドさせる仕組みが設けられていて、季節ごとの太陽と地球の相対的な位置の変化がわかる。さらに、後ろから光を当てると、どの地域が昼と夜になっているかもわかるのだ。次ページの写真を参照(COURTESY DAVID RUMSEY MAP COLLECTION)

なかでも特に画期的で、体験的に学べるように工夫されているのが星図だ。小さな金具で留められた5つのパネルがあり、それを開くとさらに詳しい図が出てくる。あるパネルでは、月の満ち欠けが説明されている。別のパネルでは、それぞれの季節における地球と太陽の相対的な位置がスライド機能を使って動かしながら理解できるようになっている。さらに、後ろから光を当てると、図の一部が明るくなるようにできている。

現代ではありえない記述も

ヤギーの地理学習は、天文学の基礎を教えるうえで格好の教材だが、問題もある。

たとえば、星図に描かれた星々は地球の北半球から見た配置になっているが、太陽系は太陽を見下ろす視点から描かれている。惑星の軌道も円(実際は楕円)になっており、惑星と惑星の間隔も一定の縮尺ではない。

エドニー氏によれば、この「ヤギーの地理学習」が何部くらい発行されたのか、どれほど広く使われていたのかはわからないという。しかし、1893年に第二版が発行されていることから、かなりの人気だったことがうかがえる。

1887年版の「ヤギーの地理学習」の表紙。雲の中から地球が姿を現す図が描かれている(COURTESY DAVID RUMSEY MAP COLLECTION)

次ページでは、星図の詳細を写真で紹介する。

ナショジオメルマガ