健康・医療

from 日経Gooday

小谷実可子さん 翌日に疲れを残さない5分ストレッチ 元シンクロ五輪メダリストに聞く(中)

日経Gooday

2018/8/24

「50歳から身も心もV字回復してきた」と話す小谷さんに、食生活や疲労回復法について教えてもらった
日経Gooday(グッデイ)

 1988年のソウル五輪のシンクロナイズドスイミング(2018年4月からアーティスティックスイミングに競技名が変更)でソロ・デュエットともに銅メダルを獲得し、日本のシンクロ界を世界のトップレベルに一気に押し上げた小谷実可子さん。51歳の今もシンクロナイズドスイミングのショーに出演し、観客を魅了する演技を披露する。「50歳から身も心もV字回復してきた」と話す、彼女の食生活や疲労回復法について教えてもらった。

◇  ◇  ◇

 シンクロナイズドスイミングショー(前回記事「小谷実可子さん 50歳で心身がV字回復した秘密」)に出演するため、2015年、48歳のときから本格的にトレーニングを始め、食生活に対する意識も変わってきました。以前は、おいしいものを食べることが好きで、それが元気の源でした。でも、大勢の観客の前で演技を披露するという目標ができたので、体づくりのために節制する習慣が身につきました。

 普段は45分間ぶっ通しで、筋トレを含めた体を動かし続ける激しいトレーニングをしているので、当然、筋肉疲労を起こします。トレーナーさんからは「肉をもっと食べなさい!」と言われることが多く、最近はたんぱく質を意識して摂取するようにしています。

 夜は炭水化物を控えめにして、特にショーの直前はそれを日によって朝昼も行い、余計なぜい肉を取って体を絞っています。例えば、ショーが近づいてくると、週2回「プチトマトデー」を設け、朝昼晩とプチトマトだけで過ごすんです。

 栄養素などを考えてプチトマトを選んだのではなく、純粋においしくて大好きなんですよ。小さくてかわいいし、いろんな種類の色があって、眺めているだけで何となく気分が上がるんです。おなかがすいているときは、特に味覚が敏感になっているのか、トマトの味が体に染みわたり、味の違いがよく分かります。「ああ、この色のプチトマトはこんな味なんだぁ」と。

健康・医療

ALL CHANNEL