マネー研究所

Money&Investment

定年再雇用で給与が下がったら… 給付金でカバー スキルアップには助成金

2018/8/12

75歳以上でも1割近くが働いている

 長寿化が進み、定年退職後もなんらかの仕事に就いて収入を得る人が増えている。60代前半ではおよそ3人に2人が就労しており、長い老後に備えて家計改善に取り組んでいる。シニアが働く際は、雇用保険制度などから一定額の給付金を受け取れるケースがあり、上手に活用すれば家計の助けになる。公的年金も併せて、知っておきたい制度をみていこう。

 「公園や高齢者宅の清掃をして月収が約4万円ある」。東京都新宿区に住む中村喜吉さん(77)は地元のシルバー人材センターに登録して仕事を紹介され、月20回ほど1日約1~2時間働いている。年金収入もある。「いまは家計にゆとりがあるが、大きな病気でもしたら困るので貯蓄を残しておきたい」と話す。

■「家計が心配」35%

 内閣府の高齢社会白書によると、高齢者の就業率は60代前半が66.2%、60代後半が44.3%、70代前半が27.2%(2017年)。10年前に比べて、それぞれ10.7ポイント、8.5ポイント、5.5ポイント上昇している。75歳以上でも1割近くが働く。家計が「心配」と回答した層が全体の35%を占め、老後の貯蓄への不安が就労を促しているのがわかる。

 就労のプラス効果をファイナンシャルプランナー(FP)の鈴木さや子氏に試算してもらった。定年後も夫が長く働き、60~64歳で年収300万円、65~74歳で同100万円を得るという想定だ(図A)。当初の貯蓄額は、総務省の家計調査などを参考に、2400万円と設定。月々の支出も平均的な金額とした。

 貯蓄残高の推移を見ていくと80歳時点で約2100万円。これは、数年でリタイアして貯蓄を取り崩し続ける場合と比べておよそ倍の水準にあたる。鈴木氏は「高齢になれば医療や介護に伴う出費がかさみがち。たとえ高額でなくとも勤労収入を得ることによって家計は安定する」と話す。

■65歳まで給付

 働くシニアがいる世帯はどれくらいの収入があるのか。国民生活基礎調査(厚生労働省)によると、就労に伴う収入は平均で259万円。形態は勤務先の再雇用や再就職などさまざまだが、公的年金の世帯平均(218万円)を上回り、家計を支えていることがうかがえる。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL