健康・医療

from 日経Gooday

小谷実可子さん 50歳で心身がV字回復した秘密 元シンクロ五輪メダリストに聞く(上)

日経Gooday

2018/8/20

現役時代から体重が変わっていないという小谷さん、どんな生活を送っているのだろうか
日経Gooday(グッデイ)

 1988年のソウル五輪のシンクロナイズドスイミング(2018年4月からアーティスティックスイミングに競技名が変更)でソロ・デュエットともに銅メダルを獲得し、日本のシンクロ界を世界のトップレベルに押し上げた小谷実可子さん。現在は2人の娘を育てながら、東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダーなどとして活躍する一方、指導者として幅広い層にシンクロの技術や楽しさを伝え続けている。さらに、シンクロナイズドスイミングのショーの演出をしながら自身も出演し、51歳という年齢を感じさせない演技で観客を魅了する。現役時代から今も体重が変わっていないという小谷さんは、日ごろからどんなことを意識しているのか、お話を聞いた。

◇  ◇  ◇

 確かに体重や洋服のサイズは現役時代から変わりません。でも、現役時代に比べると筋肉量はだいぶ落ちていますし、スタイル(体形)は同じとは言えない。

 当時は朝から晩まで10時間以上練習する毎日で、1日で2kgほど体重が落ちました。当然エネルギーを消費して浮力も必要なので、1日5000キロカロリー以上の食事を5回ほどに分けて、無理やり口に入れるような生活だったんです。引退後、何が一番うれしかったかと言えば、もう無理に食べなくてもいいこと。もともと多く食べるほうではないので食事量は人並みになり、体重は減り、だから太らないために特に何かを節制してきたということはありません。

 ただ、3年前に自身の体を見直し、変化させようと思ったきっかけがありました。それが2015年末から毎年行っているシンクロナイズドスイミングのショーへの挑戦です。

■48歳でシンクロ再挑戦を決意

 引退後、“水から陸”に上がった私は、五輪の招致活動はもちろん、シンクロの魅力を伝えていくことをライフワークとしてきました。そんな中、3年前にアクアパーク品川(東京)でシンクロナイズドスイミングのショーのお仕事のオファーをいただきました。私はシンクロの魅力を伝えるまたとないチャンスだと思い、「品川をラスベガス[注1]にする!」と決意しました。そして、若手に声をかけ、ショーのプロデュースやMCを手がけることに。すると関係者の方から、「ショーを成立させるために、ぜひ小谷さんも演技をしてほしい」という声をいただいたのです。

[注1]米国ラスベガスで開催されているシルク・ドゥ・ソレイユ「O」というシンクロナイズドスイミングの要素が加わった水中パフォーマンスのオファーであったため

健康・医療

ALL CHANNEL