バッグ、時計、ウエア… 素材で語る男の逸品

MEN’S EX

■ZANONE/ザノーネのホームウォッシャブルニット

洗えるって大事

涼感生地のアイスコットンなど、天然素材での機能追求にこだわるザノーネ。今作はポリ混ウール素材だが、高い保温性や吸湿速乾性を得た上、自宅での洗濯もできる。程よくゆるめのネックも今っぽく、秋冬モノだが今のうちに確保したい。4万5000円(スローウエアジャパン)

■AJOTO/アジョトのゴールドボールペン

いつまでも褪せない金の煌めき

英国の筆記具ブランドの代表作。手作業で丹念に磨き上げた真鍮ボディに、高級ジュエリーやプライベートジェットのメッキを手がけるスペシャリストたちがゴールドメッキを施す。ミニマルながらしっかり大人のオーラが漂う。5万5500円(ブリティッシュメイド 銀座店)

■CIRCOLO 1901/チルコロ 1901の転写プリントセットアップ

じっくり見てもわからない

アンコンの名手による秋冬の新作は、伸縮性に富むジャージーを用いつつ、巧みな転写プリントで見た目はツイードそのまま。柔らかな生地をテーラードの面構えに仕立てあげる技術力もさすがだ。ジャケット6万4000円、パンツ3万1000円(トヨダトレーディング プレスルーム)

■JOHN LOBB/ジョンロブのアクアカーフ

意外に知られていない? 水に強いジョンロブ

「傘をいかに細く巻くか」にこだわるなど、雨具にも美しさを求めるのが英国紳士。ある意味その真髄ともいえるのが「シティ2」のアッパーに撥水性を高めた”アクアカーフ”を採用したのがこちら。雨でも足元のお洒落に妥協したくない紳士にとって最高の選択肢だ。17万円(ジョン ロブ ジャパン)

※表示価格は税抜きです。

撮影/野口貴司(San・Drago)、若林武志、岡田ナツ子、大泉省吾、長尾真志、河野敦樹、池田佳史・仲山宏樹(以上BOIL) スタイリング/四方章敬、佐々木 誠 ヘアメイク/松本 順(辻事務所) 構成・文/伊澤一臣 文/長崎義昭・中河由起恵(以上Paragraph)、吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、間中美希子、礒村真介、酒向充英 イラスト/世戸ヒロアキ 撮影協力/横浜開港記念会館

MEN'S EX

[MEN’S EX 2018年8月号の記事を再構成]

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト