マネー研究所

日経TRENDY 特集セレクト

電気とガス料金セット割に新電力参入 どこが安い?

日経トレンディ

2018/8/10

写真はイメージ=PIXTA
日経トレンディ

2017年4月のガス小売り自由化から1年が経過し、首都圏でもようやく価格競争に“点火”し始めた。いち早く新規参入した日本瓦斯(ニチガス)・東京電力エナジーパートナー(東電EP)連合に加え、18年4月には新電力のイーレックスが、5月にはHTBエナジーが、それぞれ電気とガスのセット販売を開始。そして8月には、西から“大物”が首都圏に殴り込みをかけた。中部電力と大阪ガスが共同出資したCDエナジーダイレクトが「あなた電気・あなたガス」の供給を始めるのだ。

そこで、首都圏の1軒当たりの月間平均使用量(ガス30立方メートル・電気40アンペア契約250kWh)を基に、どの事業者のセット割が一番安いか試算した。

急増する新電力のガスセット割引。100円引きのHTBが最安に。

最安となったのは、HTBエナジーだ。ガス料金は東京ガスの従来プラン(一般料金)の3%引き、電気料金は東電EPの従来プラン(従量電灯B)の5%引きというシンプルな料金体系が特徴。このため、乗り換えればガス、電気ともに確実に安くなる。ガスと電気をセット契約すれば、そこからさらに月100円(税込み。以下同)の割引が受けられる。

次に安かったのがイーレックス。特にガスはHTBエナジーより若干安かった。これは基本料金が従来プランより5%以上安く設定されているため。使用量が少ないほど有利だ。一方、電気料金は120kWhまでは一般料金とほぼ同じで、それを超えると6~9%安くなる設定。つまり、ガスよりも電気を多く使うなら割安感が出てくる。セット割引はHTBエナジーと同じ月100円だ。

新顔のCDエナジーダイレクトは、試算ではこの2社に次ぐ安値にとどまった。ガスは安めだったが、電気は300kWh以下の単価が高め。加えて、電気料金の水準以上に不利に働いたのが、セット割の仕組みだ。CDエナジーダイレクトではガス料金、電気料金がそれぞれ0.5%引きになる。これでは月に合わせて2万円以上使わないと、割引額が100円に達しない。電力消費量が月300kWh超の、平均よりも光熱費が高めの世帯ならメリットがありそうだ。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL