正解は、(1)(体重は)増えやすくなるです。

睡眠時間が短いと、活動時間が増えて体重が落ちる…わけではない

睡眠不足が積み重なると、集中力が低下したり、疲れやすくなったりするだけでなく、様々な体への悪影響があるといいます。その一つが、肥満のリスクが高まることです。

体重の増加は、食べ物からのエネルギーの摂取量が、基礎代謝や身体活動などによるエネルギーの消費量を上回ったときに起こります。では、睡眠時間が短くなったときのエネルギー消費はどうなっているのでしょうか。

寝ている間は活動量が少ない分、エネルギー消費量が少なく、起きているときは活動量が多い分、エネルギー消費量が多い。つまり、睡眠時間の長さによって、以下のようになると考える人が多いでしょう。

・睡眠時間が短い ⇒ 活動時間が長い ⇒ エネルギー消費量が多い ⇒ やせる

・睡眠時間が長い ⇒ 活動時間が短い ⇒ エネルギー消費量が少ない ⇒ 太る

ところが、平均睡眠時間とBMI[注1]の関係を調べた研究では、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少なく、それより短くても長くても肥満が増えるという結果が出ています[注2]。そこで、早稲田大学名誉教授の内田直さんらは、花王との共同研究で、短時間睡眠がなぜ肥満につながるのかを、エネルギー代謝の面から解明しようと考えました。

短時間睡眠では代謝が落ちて脂肪が燃えにくく、空腹感は強まる

内田さんらは、健康な若い男性9人を対象に、以下2つの睡眠パターンを比較しました。

・3日間の3.5時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)

・3日間の7時間睡眠+1日のリカバリー睡眠(7時間)

この2つのパターンで、エネルギー消費量と睡眠時間の関係をみたところ、夜間は3.5時間睡眠のほうが起きている時間が長いため、エネルギー消費量は多くなりました。ところが、日中は3.5時間睡眠のほうがエネルギー消費量がわずかながら少ない状態が続いたため、48時間トータルでは両者に大きな差は出なかったのです。

さらに、「3.5時間睡眠の翌日は、7時間睡眠に比べて朝から夕方にかけての深部体温が低くなっていました。体温が低いということは、代謝が低い状態になっていたと考えられます[注3]」(花王ヘルスケア食品研究所の日比壮信さん)

空腹感を比較してみたところ、「3.5時間睡眠の翌日は空腹感が強い傾向にあり、特に寝る前が顕著でした(下図)。しかし、面白いことに、リカバリー睡眠後は差がなくなっていました」(日比さん)

Hibi M,et al.Scientific Reports. 2017;7:39640のFigure 2を日経Gooday編集部が改変して作成

さらに、それぞれの睡眠を3回続けた後(4日目)の朝とリカバリー睡眠後(5日目)の朝に血液検査をしたところ、3.5時間睡眠後はPYYという食欲を抑制するホルモンの分泌量が減っていて、リカバリー睡眠後は元に戻っていることが分かりました。

これらから分かることは、「短時間睡眠が続くと、その分活動時間が増えても代謝が落ちるため、1日のエネルギー消費量は通常睡眠(7時間睡眠)と変わらない。しかし、食欲抑制ホルモンの分泌が減るなどして『食欲が増す』ということです。つまり、睡眠不足はエネルギー摂取量に影響して体重を増やす方向に働くと考えられます」(内田さん)

いかがでしたか。活動量が増えて睡眠が短くなっているのに太りやすくなるというのは、太り気味が気になる人にとってはショックなことかもしれません。忙しいとついつい削りがちな睡眠時間ですが、健康を維持し、肥満を防ぐために、生体に備わった本来の睡眠リズムを大切にして十分な睡眠を確保していきましょう。

[注1] 肥満度を表す指標として用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で計算する。

[注2] Taheri S, et al.PLoS Med. 2004;1(3):e62.

[注3] 体温が低いと脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが悪くなり、脂肪が燃えにくくなることが分かっている。

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday2018年7月30日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント