ファミリーマートのフラッペシリーズは18年4月までで累計1億杯を突破した人気商品だが、「10代後半~20代前半の女性層に対して、開拓の余地がまだ多くある商品だった」(ファミリーマート総合企画部広報室・広報グループの樋口雄士さん)。そこで18年はデザインを変えることで、これまでにない層を取り込もうと考えた。

特に4月に発売された「ギャラクティカグレープフラッペ」「ファンタジーピーチフラッペ」(各290円)の2種類は、淡い色が混ざり合ったデザインはインパクトが大きく、SNS(交流サイト)でも頻繁に投稿された。

「ギャラクティカグレープフラッペ」(左)と「ファンタジーピーチフラッペ」(右)。SNS映えする見た目から、頻繁に投稿された

他にも、6月に発売された「チョコミントフラッペ」(290円)、7月に発売された「メロンソーダバニラフラッペ」(250円)なども、手に取りやすいポップなデザインに変更。これまでより幅広い層への訴求を図っている。

17年はシリーズ最多の10種類を発売したが、今年はそれを超える15種類以上を発売。「訪れるたびに新商品が出ている」と思わせる効果を狙い、1~2週間という短いスパンで新商品を投入している。

(文 小沼理=かみゆ)

MONO TRENDY連載記事一覧