松坂桃李さん 自分でハードルを上げる「上昇力」

テレビ各局の夏ドラマがヤマ場に入ってきました。私が注目しているのは日曜劇場『この世界の片隅に』(TBS系)です。特に主人公すずを支える夫役の松坂桃李さんから目が離せません。松坂さんの「桃李」というお名前は個性的ですが、実は本名だそうで、この名前が原因で松坂さんは小学生時代、いじめられていたそうです。今回は松坂さんを取り上げながら、コンプレックスとの向き合い方についても考えます。

名前が原因でいじめの対象に

(イラスト:川崎タカオ)

松坂さんのいじめについては自身が2012年10月28日に放送された『情熱大陸』(TBS系)で明かしています。桃という漢字が女の子っぽいと揶揄され、机に落書きされ、仲間外れにされていたのだとか……。俳優として活躍されている今は、逆にインパクトのある名前になったように思います。

名前の由来は司馬遷の「史記」にある「徳のある誰からも慕われる人」という意味と、中国の故事「桜梅桃李(おうばいとうり)」にある「自分らしさを大切に」という2つの意味を併せ持つとのこと。大学で心理学を教える松坂さんのお父様が「たくさんの人が寄ってくる、人徳のある人間に育ってほしい。男の子が生まれてきたら必ずこの名前にしよう」という思いのもとに名付けたのだそうです。

名前でいじめられたことについて、松坂さんはずっとご両親に言えなかったそうですが、情熱大陸の中では「この名前をつけてくれたことに感謝しています」と、謝意を伝えていました。

松坂さんの場合はいじめを受けた後、控えめな性格になり、なるべく目立たないようにしていたそうですが、大学在学中に雑誌「FINEBOYS」の専属モデルオーディションに応募し、グランプリをとったことがきっかけで俳優の道を進むようになりました。そして、事務所から芸名での活動も勧められる中、コンプレックスを持っていたはずの本名を使用したまま俳優業に挑む覚悟を決め、むしろ名前を武器の一つとしてまい進しています。

小学生時代はコンプレックスだった名前そのものが、今では俳優として生きていくと決意した覚悟の後ろ盾となっているのかもしれません。

コンプレックスの克服は成長の機会に

俳優業に関わらず、どのような職業に就いていても、人それぞれにコンプレックスというものは存在するでしょう。自分にはコンプレックスが一切ないという人はなかなかいませんし、周囲からはわからなくとも、本人なりに何かしら抱えているはずです。

どのような職種でも、コンプレックスや苦手意識はつきまとうものです。ですが、それらと向き合わずにごまかしながら進んでいては、いつまでたっても抜きんでることのできないループの中でとどまってしまうものです。