クラウン・カローラでも不安 トヨタ常務役員の危機感ミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーを率いる中嶋裕樹氏

2018年1月にトヨタのミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーのExecutive Vice Presidentに就任した中嶋裕樹氏(右)に小沢コージ氏が直撃した
2018年1月にトヨタのミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーのExecutive Vice Presidentに就任した中嶋裕樹氏(右)に小沢コージ氏が直撃した

15代目「クラウン」、12代目「カローラ」と同時に新車を発表したトヨタのミッドサイズ・ヴィークル・カンパニー。2015年のカンパニー制導入によりバーチャル分社化され、ベストセラーハイブリッドの「プリウス」まで擁するトヨタの中核ともいえる組織だが、18年1月にExecutive Vice Presidentに就任した中嶋裕樹氏は「危機感の塊です」という。盤石に見えるカンパニーのどこにリスクが潜んでいるのか? 小沢コージ氏が直撃した。

トヨタの悪いところが詰まってる?

小沢コージ(以下、小沢) ご無沙汰しております、中嶋さん。10年前にマイクロコンパクトのトヨタ「iQ」のチーフエンジニアを務めたあと、アジアのタイやインドのモーターショーでもちょくちょくお見かけした気がしますが。

中嶋裕樹氏(以下、中嶋) 当時は新興国向けの「IMV(Innovative International Multipurpose Vehicle)」を担当してまして、その後、17年まで(商用車などを扱う)CVカンパニーを担当していました。

小沢 今回のカンパニーでは何をやっているんですか?

中嶋 ミッドサイズ・ヴィークル・カンパニーで扱っているのは、われわれでいうところの「コア車」です。「カローラ」「カムリ」「クラウン」などの王道のセダン、そしてSUVでは米国がメインで今回日本にも導入する「RAV4」やその上のクラスの「ハイランダー」。つまりトヨタの中でどちらかというと「尖ってるクルマ」ではないものの、コアで台数をさばくグローバル車を扱ってます。その他プリウスや将来の環境車、つまりトヨタにとってのコアなクルマと、グローバルでのコアなクルマを扱っていくことになります。

小沢 世界で売れるクルマばかりじゃないですか! 責任は重そうですけど、商品的には盤石そうな気がしますが。

中嶋 だからこそ逆に危険ともいえるんです。ある意味、コンサバじゃないですか。チャレンジしないほうが安定的にお客様が乗り換えてくださる。だけどグローバルで見ると、市場ごとに進化の度合い、お客様の変化のスピードが全く違うわけですね。それぞれの地域地域のマスト要件はなにか。今までは「欧州で一つつくったら、それをグローバルで展開すればいいじゃないか」みたいな考え方がありましたけど、それは完全に変わりました。変革は他のカンパニーに比べると相対的に遅れている。

小沢 そのあたりが気になってました。先ほども立ち話で「トヨタにとっての黒い部分というか、悪いところが詰まってる」とドッキリすることをおっしゃっていて。

18年6月に発売されたトヨタの15代目「クラウン」
MONO TRENDY連載記事一覧