レム睡眠は脳の自由時間 究極の仮想現実を体験?

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/8/5
ナショナルジオグラフィック日本版

空を飛び、真っ逆さまに転落する――人が夢を見るのが「レム睡眠」。レム睡眠の最中、私たちは文字通り正気を失っている。夢を見ているとき、人間は幻覚や妄想を抱いているような状態になっていると考える睡眠科学者もいる。ナショナル ジオグラフィック2018年8月号の特集は「現代人の睡眠」だ。5段階ある睡眠の各ステージを最新研究でわかったことをふまえて解説している。ここでは、レム睡眠を取り上げ、人が夢を見る理由に迫ってみよう。

◇  ◇  ◇

レム睡眠は、5段階ある睡眠の最終段階だ。1953年米シカゴ大学のユージン・アセリンスキーとナサニエル・クライトマンが発見し、英語のRapid Eye Movement(急速眼球運動)の頭文字をとってREM(レム)と名付けられた。

当初レム睡眠は、あまり重要でないと考えられていた。当時の脳波計ではレム睡眠時に特徴的な波形が捉えられなかったためだ。その後、眼球のせわしない動きと、それに伴う性器の充血が記録されたことで、鮮明な夢はほぼすべてこの段階で見ていることがわかった。当時の睡眠科学の常識が覆された画期的な発見だった。

健全な睡眠では通常、第4段階まで一気に進んだ後、眠りが急に浅くなり、5分から20分程度のレム睡眠に入る。

一晩の睡眠に占めるレム睡眠の割合は、成人で2割程度。全体の8割を占める第1段階から第4段階までの睡眠はノンレム睡眠、つまり「レムではない」睡眠と呼ばれる。

レム睡眠中はずっと夢を見ている

ノンレム睡眠からレム睡眠に入る一連のサイクルは、心身の回復に最適な状態になっていると、睡眠科学者たちは考えている。細胞レベルで見ると、レム睡眠時にタンパク質の合成がピークに達して、体が正常に機能するように維持される。レム睡眠は気分の調節と記憶の統合にも不可欠だとみられている。

夢を見ているときの脳の活動は脳の深部で起きているため、脳波計ではうまく記録できないが、今では新しい技術が開発されて、脳内の物理的、化学的な変化を推測できるようになった。

夢はレム睡眠の間はほぼずっと続く。つまり、一晩に2時間くらいは夢を見ているということだ。ただし、高齢になるにつれて、この時間は減る。新生児は1日に最高で17時間も眠り、そのおよそ半分ではレム睡眠時のように脳が活発に働いている。

レム睡眠中は体温調節が行われず、深部体温は最低まで下がったままだ。ノンレム睡眠中に比べ、心拍数は増え、呼吸は乱れがちになる。目、耳、心臓、横隔膜などを除き、筋肉は動かない。

ナショジオメルマガ