吹き出し形・分類が楽々…技ありノート&メモ大集合

日経トレンディネット

スガイワールドの吹き出しの形をしたノート
スガイワールドの吹き出しの形をしたノート
日経トレンディネット

進化を続ける文房具。とりわけ今年は新製品が多く、中でも好調なのが、ノートや紙製品だ。2018年7月4日から6日に開催された日本最大級の文具関係の商談会「国際文具・紙製品」展、通称「ISOT」で見つけた、老舗のロングセラーから新進メーカーのアイデアあふれる製品まで面白いノート・紙製品を紹介しよう。

役割が増えた付せん

デザイン性も実用性も高い紙製品のブランド「カミテリア」の新作は、インデックスと付せんを一体化したような「カミテリア edge+on」。手帳やノート、書籍などのページの端に付けて使う。

edge+onは、ページの端に挟むようにして貼り付けると、ページから少しだけはみ出すインデックスと、ページ内に書き込める付せんになるというもの。シンプルな仕組みだがかなり実用的だ。

ペーパリー「カミテリア edge+on」。角に使うタイプと途中に使うタイプの2種類が用意されている
こんなふうにノートや本のページの端に挟むように貼り付けて使う

角用と途中用が用意されているから、並べて貼ればタブのようにも使えるし、角用はしおりのようにも使える。ひと言メモしておくためのスペースにも使えるし、クリアフォルダーに入れておく書類のインデックス代わりにすることも可能。ページの端にインデックスをまっすぐ貼るのは結構難しいのだが、これはページに差し込むだけなので、誰でも簡単にまっすぐ貼れるのがうれしい。

他に、くるりと巻くとペーパークラフトのようになる立体型メモ「カミテリア クルル」の新作の試作も展示されていた。久々の浮世絵シリーズとなったクルルの新作は、歌川広重の「名所江戸百景」から、生き物が登場する3点をセレクト。猫、亀、鷹が登場する名品が見事に立体化されていた。秋の発売が楽しみだ。

「カミテリア クルル」の新作も参考出品されていた。今回は広重の名所江戸百景から3点が製品化される。写真は、「名所江戸百景 深川萬年橋」
「カミテリア クルル」の新作、名所江戸百景からもう一点ご紹介。こちらは「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」

主役になった「吹き出し」

スガイワールドの「吹き出しノート」は、その名の通り、マンガのセリフが書かれている吹き出しの形をしたノート。その形状だけでもかわいいが、このノートの使い方はもう少し現代的。

このノートに何か言いたいことを書いて、自分の顔の横に持って写真を撮ったり、食べた料理の横に、その料理の名前などを書いておいて写真に撮ったり。つまり、写真のキャプションを吹き出しの形で写真の中に写し込んでしまおうというノートなのだ。

スガイワールド「吹き出しノート」(税別600円)。表紙の色はピンク、ブルー、グレーの3色
マンガの吹き出し風に使ったり、キャプションのように使ったりする。太字のフェルトペンやサインペンで書くと見やすくて良さそう

MONO TRENDY連載記事一覧