ひとり女子のプチプラ海外旅行 安心お得な21のワザ

日経ウーマン

ひとり旅を軽やかに楽しむ女性が増えている(写真はイメージ=PIXTA)
ひとり旅を軽やかに楽しむ女性が増えている(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

海外でも、国内でも、ひとり旅を軽やかに楽しむ女性が増えています。かつては「ひとりだと危ない」「ひとりだと割高」が常識でしたが、ずいぶん様変わりしました。旅の手配も、行きたい先の情報収集も、スマホやSNSのおかげでとても簡単に。そこでひとり旅上手の日経WOMAN読者代表に、旅の極意やプチプラ(プチプライス=安価な)旅のヒント、お得で安心な旅ワザをたっぷり伺いました。

「あえて雨季」でホテル代を半額に。英語での交渉はスマホ+メモで安心

日経WOMAN読者代表、まずひとり目は小林恵美子さん(48歳・情報・企画)。10年前、友達が急に行けなくなり、宮古島で初のひとり旅を経験した小林さん。「寂しいかと思ったら意外と平気で。ひとりだと現地の人が『次はあそこへ行くといいよ』と親切にしてくれます」。その後、フィリピンのセブ島へダイビングの、フランスでは美術館巡りのひとり旅。「ヨーロッパは2年に1度。去年はチェコとベルギーを回りました」。4年前からは毎年、スリランカでアーユルヴェーダ。「部屋にはテレビもWi-Fiもなし。心と体が整います」。

(ポイント1)翌日の目的地のGoogleマップをホテルで読み込み、通信費を節約【プチプラ】【安心】

「ホテルの無料Wi-Fiを利用し、翌日の目的地の地図をオフラインで見られるようにします。出先では現在地がGPSで確認でき、迷子になりません。レンタルWi-Fi代を節約できる」と小林さん。

行きたい場所には、緑の「旗」を立てる。
(ポイント2)オープンエアの飲み屋がおひとり食におすすめ【プチプラ】【安心】

「カフェバーやバルのようなお店も、明るいオープンエアなら女性ひとりでも安心できます。スペインの立ち飲み屋で、現地のおじさんグループにお酒をごちそうになったことも」あるとか。

ヨーロッパのカフェの食事はボリュームたっぷり。「カフェ巡りをすると、夕食が入りません」(笑)。
小林恵美子さん
48歳・情報・企画。【ひとり旅歴】10年【好きな旅行先】スリランカ【ひとり旅で変わったこと】人見知りだった性格が変わった、地図が読めるようになった