WOMAN SMART

グルメ・トラベル

外国人観光客がはまるニッポン 神秘の島、迷宮の鳥居

日経ウーマンオンライン

2018/7/25

外国人にも人気の長崎県・軍艦島(写真=PIXTA)
日経ウーマンオンライン

日本の町角で外国の人が写真を撮っている先を見ると、看板やディスプレーなど、私たちにとってはごく日常的なものだったりします。そんなふうに外国人目線で日本を眺めると、日常が違ったものに見えたり、いつもと違った感じがして新鮮かもしれません。そこで海外の目線で選ばれた日本の魅力的なスポットを再発見する旅に出てみるのはいかが?

■海外紙で紹介された「絶対行きたい日本の13の島」

英国の一般紙「ザ・テレグラフ」が紹介している日本は「日本の美しくて奇妙 でも絶対行きたい13の島」。ちょっとマニアックながら、カリブ海のような美しい海と島もあって、島旅の参考になりそうです。

【絶対行きたい日本の島13】

1.直島(香川県)
やっぱり人気の直島。のどかな島の風景、古い民家、そこに斬新なアートと建築。町もこぢんまりとして、民家を利用したオシャレなカフェも多数あり、女子旅にはうってつけ。

2.軍艦島(端島)(長崎県)
かつて炭鉱で栄えた無人島。2015年に世界文化遺産に。町の建物が残ったまま無人島となったため、廃墟感たっぷり。軍艦のようないかつい全体像。

3.猫島(宮城県・田代島、愛媛県・青島など)
猫神社や猫の記念碑まで存在する、猫好きにはたまらない島。江の島あたりにも1000匹以上のネコが生息するなど、日本各地に猫島は見られる。

4.青ヶ島(東京都)
伊豆諸島に属する火山島。青ヶ島は無番地で、日本一人口の少ない美しい村。東京でありながら秘境で、絶景スポットや満天の星が楽しめる。

5.八重山列島(沖縄県)
カリブの海を思わせるような美しいビーチと透き通るブルーの海。南西諸島の一部。

6.ウサギ島(広島県・大久野島)
瀬戸内海の島。今は観光客も多く、エサを持って行くとかわいいウサギたちに会える。かつて大戦中は毒ガスのテストのために地図から消され、被験のために育てたウサギが繁殖したという歴史も。

7.母島(東京都・小笠原諸島)
小笠原諸島は東洋のガラパゴスの別名で知られる、独自の生植物が生存する自然あふれる島。2011年世界自然遺産に登録。

8.宮島(広島県)
海面に立つ、嚴島神社の神秘的な赤い鳥居が有名。嚴島神社は世界文化遺産。

9.南西諸島(鹿児島県・沖縄県)
美しい海とサンゴ、珍しい猫などがいる、長寿の島々。奄美群島、沖縄諸島、宮古列島ほか。

10.桜島(鹿児島県)
1914年の噴火で本土とつながり、島ではなくなった。いまだに噴火もあるものの、6万8000人が近郊に住む。<2018年6月18日 - 桜島は火口周辺警報>

11.屋久島(鹿児島県)
樹齢3000年以上ともいわれる縄文杉で知られる。自然散策に加えて海や温泉も楽しめ、年間約30万人が訪れる。

12.利尻島(北海道)
北海道の北部の日本海上に浮かぶ島。お土産「白い恋人」のパッケージになった利尻山ときれいな沼地がある。高山植物も楽しめる。

13.三宅島(東京都)
伊豆諸島の火山の島。全域が富士箱根伊豆国立公園に属する美しい島。イルカと一緒に泳ぐなど多様な楽しみ方がある。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL