実は情報スキル低い日本の子供 端末利用で世界に遅れ

日経DUAL

日本の中学生のパソコン所持率は30.3%と、他国に比べて段違いに低い(写真はイメージ=PIXTA)
日本の中学生のパソコン所持率は30.3%と、他国に比べて段違いに低い(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

こんにちは。教育社会学者の舞田敏彦です。唐突ですが、スマートフォン(スマホ)って何歳くらいで買い与えるのでしょうか。2015年度の調査によると、スマホの利用率(ほぼ所持率)が半分を超えるのは、男子は15歳、女子は13歳です(内閣府『青少年のインターネット利用環境実態調査』)。男子は高校、女子は中学校に入った時に買い与える親御さんが多いようですね。女子の場合、「グループでLINEをやる、スマホがないと仲間外れにされる」などと言って、おねだりする年齢が早いのでしょう。

スマホ・パソコン所持率が段違いに低い日本の中学生

海外ではスマホデビューはもっと早いようです。やや古い資料ですが、2013年の内閣府の国際調査で、各国の青少年に情報機器の所持状況を尋ねています。表1は、13~15歳のうち、自分専用のスマホ・パソコンを持っている子の割合を掲げたものです。中学生の情報機器所持率の国際比較と見てよいでしょう。

日本と他の6カ国の間に格差がみられます。日本のスマホ所持率45.7%、パソコン所持率30.3%は、他国に比べて段違いに低くなっています。韓国や欧米では、中学生でも双方とも8~9割です。

表の3つの数値から、スマホもパソコンも持たない子の割合を計算すると、日本は41.3%にもなります。中学生の4割が自分のスマホもパソコンも持っていないのです。他国では8割前後が両方とも所有しているという調査結果ですから、日本のようにどちらも所持していない子はごくわずかだと分かります。