マネー研究所

投資のキホン 日経平均を知る

225銘柄 バランス重視の「代表選手」 株式投資の超キホン「日経平均」を知ろう!(2)

2018/7/20

 新聞記事やテレビのニュース番組でおなじみの日経平均株価。「聞いたことはあるけど、何の平均だっけ? 上場企業すべての株価を平均した数字なのかな?」。こんな疑問を持つ人は意外に多いかもしれません。今回はその中身について考えてみましょう。

 前回、日経平均は東証1部に上場する代表的な225銘柄で算出している、と説明しましたね。どうして200や300といったキリのいい数字ではなく、225銘柄なのでしょうか。

 歴史の古い株価指数なので、詳しい経緯は不明ですが、売買高の多い銘柄を全業種からバランスよく選んだ結果、算出を開始した1950年にはすでにこの数に落ち着いていたようです。代表的な225銘柄で構成する株価指数、というコンセプトを守りながら、歴史を積み重ねてきたのが日経平均です。いまや海外でも「Nikkei225」の名称で幅広く浸透しています。

 ところで、サッカーのワールドカップ(W杯)に出場した代表選手はどのように選ばれたのでしょう。恐らく過去の実績や経験、そして直前までの試合での戦いぶりが選考に大きく影響したはずですよね。選考に判断基準があるように、日経平均の採用銘柄にも選ぶ尺度があります。大きく分けると「市場での流動性の高さ」と「業種のバランス」という2つの要素に着目しています。

 流動性、と言うとちょっと分かりにくいかもしれませんね。言い換えるなら、過去5年間の売買代金や値動きの安定性に注目しながら、活発に売買されているかどうかをみている、というわけです。

 さらに特定の業種に偏らないように、バランスにも配慮しています。日本経済新聞社では自動車や精密機器、銀行、食品、鉄鋼、商社、建設など業種を36に分類しています。これを大まかに「技術」「金融」「消費」「素材」「資本財・その他」「運輸・公共」という6つのカテゴリーに分け、この中から日経平均の採用銘柄をバランスよく選んでいます。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL