40歳過ぎてキャリア崩壊 どん底からどう立ち直る?ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

ふとしたきっかけでキャリアが崩壊し、なかなか立ち直れないケースも。写真はイメージ=PIXTA
ふとしたきっかけでキャリアが崩壊し、なかなか立ち直れないケースも。写真はイメージ=PIXTA

仕事人生の一つの節目となる40歳。企業やビジネスパーソンを取り巻く環境変化のスピードが上がるにつれ、それまで順風満帆だったキャリアが大きく狂い始めるリスクが高まっています。また、独立や転職、病気、家庭の事情など、ふとしたきっかけでキャリアの階段を踏み外し、何もかもが悪い回転を始めてどん底に陥るケースも他人ごとではありません。そこからどう立ち直ればよいのか――。今回は、42歳の転職希望者の事例を見ながら、年齢とともに深刻さを増すキャリア崩壊からの脱出について考えます。

42歳・転職活動1年、30社不合格の「どん底」

先日、転職活動のご相談でお会いしたIさんは42歳。もともと都内にある通信系の大企業で営業や企画職を経験してきた方でした。しかし、38歳のときに、新潟にある妻の実家の酒販店を継ぐ前提で転職し、4年間、義理の父親とともに経営にかかわってこられたそうです。しかし、周辺に大型小売店が進出するなど環境が激変し、残念ながら、1年前に会社自体をたたんでしまった、ということでした。

会社の廃業後の昨年夏、Iさんは奥さんと子供を連れて、再び自らの地元である東京都内に賃貸住宅を借り、そこから就職活動をスタートしました。1年間で約30社に応募し続けたものの、ほとんどの企業で書類選考を通過せず、失業期間が長引いている状況。1社だけ内定をもらった商社の営業職があったものの、固定給が少ないという理由で条件が合わず辞退したといいます。

なかなかIさんの仕事が決まらない状況が続いたことで家庭不和が起こり、昨年末に奥さんが子供を連れて家を出てしまい、その後、離婚したそうです。

「思わぬことから人生がズタズタになってしまいました。今の私は本当にどん底です。どう動けばいいのかも、わからなくなってしまいました。家族のために一生懸命働いてきたつもりですが、何をやってきたのかと思うと情けなくて、どうしようもなくなります」

42歳という若さにもかかわらず、完全に自信を喪失し、話し声にも勢いが感じられないIさんは、メンタル的にも限界に近いのではないかと思うくらい憔悴(しょうすい)していました。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧