女心を奪う男のベルト 幅は3cm以下に限るファッションディレクター 清水久美子

目立つ箇所だからこそ、老練な執事のようなさりげない存在感で、全身のおしゃれな印象を ぴっと格上げする、その渋い立ち位置こそが、ベルトの正しいありかた。

女心には、そうと気づかせずに、いかにグッと来させるかがポイントなのです。

■「抜け感」のあるコーディネートを

さらには、ベルト本体もそうですが、「抜け感」のあるコーディネートを意識するのも大事なポイント。

例えば、盛夏のネイビーの半袖シャツにグレーのパンツのような、スタイリッシュな組み合わせには黒ベルトでも、あえて抜け感のメッシュ素材。

メッシュのベルト(幅2.5cm)¥30,000(ジャンポール セリエ/八木通商)

白シャツにベージュのリネンのパンツ、といったクラシックな装いには、スエードのカジュアル感で引きの感覚を。

ライトイエローなど、軽やかな色味の麻シャツにベージュのスラックスなど、夏らしい爽やかさには、あえてカーキ色のクロコなど、少々押し出しも。ただしマットクロコで、ライト&モダンな演出は必須です。

高いカジュアル度が可能な環境なら、茶色のニットポロにネイビーのパンツ、昨今復活のリボンベルト(布地製のベルト)で、素材の抜け感をねらいつつ、色味はあくまで渋くして大人な風貌をキープ。

リボンベルト(幅3cm)各¥12,000(グレンロイヤル/ブリティッシュメイド 銀座店)

といった具合に、さりげないと見せかけて計算された抜け感が、細ベルトのアクセサリー的魅力をさらに発揮させます。

■キメすぎない塩梅感

押しの強さ一本だけの芸風では女性は引かれない時代。目立つ小物には、このキメすぎない塩梅(あんばい)感は大事なのです。

たかがベルト、されどベルト。奥深くって、だから楽しいベルト道!

極太家紋はそっとクローゼットのブルペンへ。

ベルト感をアップデートしただけで、夏の好感度はあなたのもの。

酷暑の丸の内、女性たちの「……あら」なチラ見目線で乗り切りましょう。

※表示価格は税抜きです。

<< 2回目のデート、男は何を着るべきか?
素のままでも官能的 リラックスしたTシャツの色気 >>

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

「女がときめく男の装い」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
GIFT SPECIAL 2020
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram