MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

通勤や買い物に便利 オトナの125ccスクーター4選

2018/7/23

大人が乗るにふさわしいルックスや品質感を備えた125ccスクーター

縮小傾向が続く国内二輪市場。その中で健闘しているのが日々の通勤などで重宝されている125ccクラスのスクーターだ。2018年7月11日に道路交通法の施行規則が改正され、必要な技能教習が最短2日間で修了可能となり、より免許取得が身近になった。今回は大人が乗るにふさわしい最新125ccスクーターの4モデルを紹介しよう。

■維持費は原付きとほとんど変わらない

50ccバイクが「日常生活の足」としてのポジションを電動アシスト自転車などに奪われつつある一方、時速30キロの法定最高速度や二段階右折義務といった制約がなく、2人乗りも可能な125ccスクーターは車に代わる軽便なシティコミューターとして存在感を発揮している。

また維持費が50ccとほとんど変わらないぐらい安いというのもこのクラスの大きなメリットである。とくに自動車を所有している人は任意保険として自動車保険のファミリーバイク特約が適用できる。保険会社によって少々違いはあるが、おおむね年間で1万円程度の追加支払いで自動車と同等の保障が受けられる。126cc以上の排気量だとファミリーバイク特約の適用外となってしまうため、新規で任意保険に加入しなければならない。年齢などによって金額は異なるが、最低でも1年間で2万5000円ほどの保険料がかかることになる。決して小さくない違いだろう。

また125ccを運転するための小型自動二輪免許は普通自動二輪免許に比べて取得に要する期間や費用の負担も著しく小さい。今回の道交法施行規則改正で1日に受けられる最大教習時限数が3時間から4時間に引き上げられた。これに伴い、普通免許所持者の場合、AT限定小型取得までに最短3日間かかっていた技能教習が最短2日間で修了可能になった。いわば週末2日間での取得も可能になる。

もっとも著者が住む、神奈川県警の運転免許本部に確認したところ、7月12日の時点では、神奈川県内に2日間で修了するカリキュラムを行っている教習所はなかった。最短で修了できるか否かはあくまでも各教習所の対応を待つしかないようだ。

近年の125ccスクーターはそのほとんどがヨーロッパや中国、台湾、東南アジアなどに輸出することを前提に開発された世界戦略車である。そのためこのクラスは各社が力を入れて開発した意欲的なモデルがひしめく激戦区だ。

かつては50ccの延長線として実用本位なモデルがほとんどだったこのクラスのスクーターも、いまや大人が乗るにふさわしいルックスや品質感を備えている。次ページから、そんな最新125ccスクーターのお薦め4モデルを紹介する。

MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL