■定番ブランドとは違う一着が欲しい

このシーズンになると、ユーザーの投稿でTシャツと並び、ポロシャツを求める声が多くなる。中でもポロシャツでは、ショップスタッフのお薦めをたずねる投稿が多かった。フェイシ―ユーザーの定番ブランドとはまた違う一着を求める傾向がうかがえた。

そんなユーザーに対して、ショップスタッフが提案したのが、定番ブランドにも匹敵する品質を備えたアイテムだ。涼しいのはもちろん、ディテールにまでこだわりが詰まったポロシャツが並んだ。

胸元にワンポイント刺繍が施されたポロシャツ。やや薄手のドライ素材を使用しているため、夏でも快適な着心地(ROTAR / Knuckle Dry Pocket POLO 5,400円税込)

■ダークトーンで大人の色気

ポロシャツには比較的年齢が高めの層が着用するという印象があり、「おじさんっぽい」「ゴルフウエア」といったイメージがまとわりつく。それはユーザー投稿にも反映されていて、「おじさんっぽくない」という言葉を添えて、ポロシャツを求めるユーザーが多く見うけられた。

これに対して、多くのショップスタッフが提案したのは、ダークトーンのポロシャツだ。汗染みが目立たないというのも理由のひとつではあるが、やはりダークトーンは大人の色気を表現するのにベストなのだろう。

シーツなどに利用される高級ランクのインド綿を使用した着心地良好の一着。素材使いはもちろんこと、ディテールデザインもブランドの魅力が詰まったものになっている(comm.arch./ Knitted Polo In Mose Stitch 21,600円税込)

■無地・ワンポイントが安定的な人気

ユーザーの投稿内容を見てみると、「無地の」や「ワンポイント入った」といったシンプルなデザインのポロシャツを求める声も少なくなかった。奇をてらったアイテムより、シンプルなものを好む傾向は例年通りで、安定したニーズがあるようだ。

そんなユーザーに対する、ショップスタッフの提案に多く見られたのが、モノトーンのポロシャツ。無地、ワンポイントはもちろんだが、より使い勝手にすぐれるモノトーンのポロシャツを推す回答が目立った。

業界注目のSOLOTEX素材を使用した伸縮性に長けたポロシャツ。クラシックな雰囲気を残しつつ、別注によって機能的に仕上がった一着(FRED PERRY×EDIFICE / 別注リネンSOLOニット 14,580円税込)

文:FACY編集部 齊藤峻(https://facy.jp/)

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE