ヘルスUP

介護に備える

「治る認知症」って!? 治療できる心理症状にも注目

日経Gooday

2018/9/20

認知症は一度なると治ることなく、進行するものと思いがちだが、治療で改善できる認知症もあるという。写真はイメージ=(c)obencem-123RF
日経Gooday(グッデイ)

高齢人口の増加とともに、認知症になる人は増えている。認知症は治らない、症状を改善することもできないと思っている人は、多いのではないだろうか。ところが、中には治療で改善できる認知症や治療可能な症状もあるという。第114回日本精神神経学会学術総会の市民公開講座から、高知大学医学部神経精神科学教室教授の數井裕光さんが取り組む、認知症の研究・治療法の話を紹介しよう。

■認知症とは自立して生活できない「状態」

物忘れや言葉の理解障害など認知機能に低下が見られると、私たちはつい認知症を疑ってしまう。この認知症という言葉を日常的に使っているが、実は特定の病気を指しているわけではない。

「認知症とは、20歳ごろまでに獲得した様々な認知機能が、脳の中の神経細胞の破壊のために、日常生活を自立して送れないくらいにまで低下した『状態』のこと。アルツハイマー病と診断されても、自立した生活ができていれば認知症とは呼びません」と數井さんは語る。

その認知症に含まれる主な「状態」は、3つあると指摘する。

「物忘れや道に迷うなどの『認知機能障害』、怒りっぽくなったり、妄想したりする『行動・心理症状』(BPSD=Behavioral and psychological symptoms of dementia)、まひや歩行障害などの『神経症状』です。この認知症の原因となる一番多い病気が、アルツハイマー病。次いで血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症の順です(65歳以上の場合)。この他に特発性正常圧水頭症(iNPH)があり、これは治療可能な認知症といえます」(數井さん)

認知症は一度なると治ることなく、進行するものと思いがち。治療で改善できる認知症があるとは驚きだ。では、iNPHとはどのような病気なのだろうか。

■iNPHの認知症は治る可能性あり

特発性正常圧水頭症(iNPH)は、脳の中にある脳脊髄液の「吸収」が、何らかの原因で障害されることで起こる。脳脊髄液は脳の中央にある脳室でつくられ、脳の周りや脊髄の表面を通り、静脈などに吸収される。この流れが滞ると脳脊髄液がたまり、脳が圧迫されることで認知機能障害や歩行障害、頻尿・尿失禁などの症状が表れる。

「認知機能の低下とともに、歩くことが不安定になったり、方向転換が困難になったりします。しかし、治療することで、普通に歩けるようになる人もいる。私の患者さんの中には、1人で国内旅行に行けるぐらい改善した人もいます。『特発性正常圧水頭症診療ガイドライン』では、わが国の地域在住高齢者を対象とした研究では1.1%の人にiNPHの疑いがあったとされています。つまり、地域に住む高齢者100人に集まってもらうと、1人はこの病気の可能性があるという高頻度です」(數井さん)

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL